2008年03月30日

チベット問題は中国の自作自演?

 チベット問題に関して、実はデモで暴れていたチベット僧は中国兵の変装である可能性が出てきました。


「兵士が僧侶に変装」とダライ・ラマ 中国に反論


 【北京=野口東秀】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は29日、インド・ニューデリーで記者会見し、チベット自治区の騒乱について、「中国軍の兵士数百人が僧侶姿に変装していたと聞いている」と述べた。インドのPTI通信(電子版)が伝えた。

 AP通信などによると、ダライ・ラマは北京五輪支持の立場をあらためて述べる一方、中国に対し、「開催国として人権、宗教の自由を尊重すべきだ」と要求した。

 一方、中国国営新華社通信は同日、騒乱をめぐり北京五輪開会式へのボイコット問題が浮上していることについて、「五輪が政治の人質になっている」と批判、「五輪に名を借りた政治的恐喝は受け入れられない」と強調した。さらに、「ボイコットは、中国をダライ(・ラマ14世)一派に妥協させる圧力とはならない」と指摘した。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/080329/chn0803292305009-n1.htm
産経ニュース



 驚くべきはその数。数百人もの中国兵がわざとチベット兵のふりをして暴れたことになります。
 もっとも、正式な情報ソースがないので確実なことは分からないのは確かです。
 が、中国には昔から「便衣兵」などのように変装した兵士がいます。今回もわざと変装した中国兵がデモで暴れさせた可能性があります。
 とはいえ、そんなことをしたら北京オリンピックが失敗する可能性が高いです。何故そんなことをしたのか。
 一部では「胡錦涛」と対立している「江澤民」の勢力の仕業ではないかとも言われています。が、正確なソースがないのでこれも確かなこととは言えません。
 しかし、現在のチベットが大変な状況になっているのは確かなようです。
 この疑惑を打ち消すためか、チベットの僧院で武器が見つかったと中国政府は発表しています。

(3/30)チベット寺院で銃30丁押収、中国四川省で当局発表



 【北京30日共同】新華社電によると、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の当局者は29日、同県内のチベット仏教寺院から30丁の銃と498発の銃弾、4キロの爆発物などを押収したことを明らかにした。

 アバ県では16日に暴動が発生。インドに拠点を置く非政府組織(NGO)チベット人権民主化センターは28日、同県で治安部隊がチベット仏教寺院を捜索し、僧侶ら100人以上を拘束したと発表していた。

 当局側の説明は捜索の正当性を主張する狙いがあるとみられる。当局は銃などのほか大量のナイフや衛星電話、ファクスなどを押収。僧侶の寝室からは「チベット独立」と書かれた横断幕も見つかったとしている。

http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt231/20080330SSXKA001330032008.html
NIKKEI NET


 しかしながら、これらの事は幾らでもでっち上げられるし、チベットは相変わらず中国政府に封鎖されていて実態は分かりません。しかし、こんな話もあります。


中共軍、チベット寺院を包囲=食糧を絶たれたラマ僧が餓死


 【大紀元日本3月29日】中共軍が今月14日からチベット入りし戒厳令を敷いて以来、平和抗議活動に参加した全ての寺院は包囲され、寺院の中にいる僧侶たちの水や食料の供給が断たれている。すでにラモチェ寺では僧侶が1人餓死していることが確認されている。

 チベット亡命政府は先日、チベットから届いた情報により、「ロサン・トメイ」という名の僧侶の遺体が26日に故郷の四川省甘孜州で火葬されたと発表した。

 亡命政府によると、「彼は23日に餓死し、遺体は25日に家に搬送された。彼の原籍は四川省甘孜州の江孜県で32歳であった」と話し、中共軍が半月間もチベット寺院を包囲し水、電気や食べ物を断ち外部からの供給を許さないために寺院内の僧侶たちの生活状況は非常に苦しいものになっていることを伝えた。

 「水・電気は全て断たれている。これほど長期間になれば寺院内では様々な方面において、条件が厳しくなり、外部からの食料の供給が出来ないために一部の僧侶には緊迫した状況が現れ、昨日最初の餓死者が出た」という。

 現在の最新情報では、少し前に中央政府が通達した「チベット人が2人以上で集まった場合、発砲してもよい」という指示により、ラサ市区ではチベット人がほとんど見られないという。

 「みな、表に出ることが出来ない。2人以上のチベット人なら発砲してもよいなどと公布すれば各家庭では1人で食料を買いに行くことしか出来ないから、大型のショッピングセンターやジョカン寺のような場所にチベット人はほとんどいない」という。

 チベット亡命政府最新によると、チベットではすでに140人のチベット人が虐殺され、500人が重傷を負い、1300人以上が逮捕され非人道的な扱いを受けているということが明らかになっている。

 
(翻訳・坂本)

(08/03/29 13:43)



 『チベット人が二人以上集まったら発砲してもよい』なんて酷い命令が出されている。これは余りにも恐ろしい事です。
 現在チベットでは人権侵害どころではないことが起きている……それだけは確かなようです。

 これに対してEUも強硬な姿勢を見せています。


EU チベット弾圧中止を要求



 【ベルリン=黒沢潤】スロベニアの首都リュブリャナ近郊のブルドで開催された欧州連合(EU)非公式外相会合は29日、中国・チベット自治区での弾圧を直ちに中止するよう中国側に求める声明を採択した。北京五輪の開会式参加問題については、加盟各国の立場が分かれたため言及を避けたが、強権的な態度をとる中国政府に対し、一致して厳しい姿勢を見せた形だ。

 ロイター通信によれば、声明は「EUは、弾圧に終止符を打つよう(中国政府に)求めるとともに、国際基準に従って(チベット人の)逮捕者を慎重に取り扱うよう要求する」と強調。チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世への言及を避けた上で、「EUは(中国とダライ・ラマの)対話開始に協力する用意がある」と呼び掛けた。

 会合での討議では、2012年の五輪開催国である英国のほか、スウェーデンやポルトガルが開会式への参加を明言。これに対し、ドイツやチェコ、ポーランド、エストニア、スロバキアの5カ国が首脳の欠席を表明し、アイルランド外相も不参加を示唆するなど、対応が割れた。このため、EUとして統一見解を打ち出すのは避けた。

 ただ、中国への反発は、五輪開会式の不参加問題のみならず、経済分野にまで及んでおり、フェレロワルトナー欧州委員は30日発売予定のドイツ週刊紙に対し、「中国を拠点に活動する外国企業はビジネスを早急には中止できないだろうが、チベットがこうした状況下にあるときに、企業は重い責任を持つ」と語り、弾圧が続くならば企業の活動を自粛するよう求めた。


http://sankei.jp.msn.com/world/china/080329/chn0803292327010-n1.htm
産経ニュース



 さらには国際ジャーリスト組織「国境なき記者団」(RSF)は日本に対しても北京オリンピックをボイコットすべきだと公式に発言しています。


 【パリ=山口昌子】北京五輪の開幕式ボイコットを各国首脳に要請している国際ジャーリスト組織「国境なき記者団」(RSF)=本部・パリ=の創立者で代表のロベール・メナール氏は産経新聞のインタビューに応じ、ドイツなど五輪開会式のボイコットを決める国が増える中、「アジアの大国、日本のボイコットは意義がある」と述べ、福田首相にボイコットへの期待感をにじませた。

 RSFが開幕式ボイコットを各国首脳に呼びかけたのは3月初旬。メナール氏は「五輪自体のボイコットを訴えているのではない。スポーツ愛好家としてスポーツ選手を人質に取って圧力をかけるようなまねはしない。(われわれが主唱するのは)人権無視の北京で政治指導者らを満足させるためだけのスペクタクル(見せ物)である開幕式のボイコットだ。日本の首相にも開幕式の3時間30分の間だけ空席にしてもらいだけだ」と述べた。

 メナール氏は24日のギリシャ・オリンピア遺跡での聖火採火式でRSFのメンバー2人と妨害行動を行ったが、「勇気が必要だったが有用だった」と指摘。「支援のメールが殺到したほか、1月から販売を開始した(五輪の輪を手錠に擬したキャンペーン用の)Tシャツもこのところ毎日、1000枚単位で売れている」と述べた。

 欧州ではドイツやポーランド、チェコ、エストニア、スロバキアの首脳が開幕式欠席を表明したが、フランスのサルコジ大統領は「ボイコットの選択肢」に言及しながらも、7月から欧州連合(EU)議長国として加盟国に「相談」を約束するに止まり、クシュネル外相も明確な回答は行っていない。

 これについてメナール氏は「外相とは20年来の友人だ。大統領とも連絡を取っている。フランスは中国にものを言うと商売に響くと考えているが、それは間違いだ。メルケル独首相が中国にきついことを言っても独企業の妨げにはなっていない」と述べ、自国のボイコットに強い期待を寄せた。

 また、中国政府が各国外交団や外国人記者をチベット・ラサに招待したことについて「見せかけだけの仮装舞踏会だ。3月中旬の騒乱から(現地にいた)全記者が国外追放になり、自由に取材を許されている記者は現在、皆無だ」と一蹴(いっしゅう)。8月8日の開幕式まで「非暴力の行動を続行する」と述べ、今後もボイコットに向けて活動することを宣言した。




 選手そのもののオリンピックへの参加は認める物の、開幕式へのボイコットによって中国に対する批判の姿勢を打ち出そう、という話のようです。
 あと、ネパールでもチベット難民達による抗議活動があったようです。


2008/03/30-22:57 チベット難民122人逮捕=中国大使館突入図る-ネパール
 【ニューデリー30日時事】インドのPTI通信によると、ネパール・カトマンズの中国大使館前で30日、抗議行動中のチベット難民多数が大使館敷地内に突入しようとして警察と衝突、122人が逮捕された。
 大使館前ではこの日、約200人が集結し、チベット独立を求めるスローガンを連呼、一部が暴徒化した。カトマンズでは中国チベット自治区での暴動発生以来、同大使館や国連事務所そばで連日デモが起きている。ネパールには2万人余のチベット難民がいる。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30
時事ドットコム


 世界各国がこの問題に注目する中、日本は驚くほど静かと言えます。
 果たして北京オリンピックがどうなるのか。難しい所です。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。