2008年04月21日

チベット寺院が破壊される映像流出

 Youtubeにてチベットの寺院が中国の武装警察に破壊される映像が流出しました。
 これまで、ここ数年のチベット弾圧は被害者の証言しかなく、映像による証拠がなかったので、これは新しい証拠です。
 この映像はチベットに行った日本人が現地の人から譲り受けたものだそうです。確かにチベットの寺院が解体される映像が出ています。


追加日: 2008年04月18日
チベット、カム地方セルタにあるチベット仏教最大の寺院ラルンガルゴンパが2001年 、公安、武装警察によって撤去、破壊されました。(中国四川省色建県五明佛学院)


映像の原本は60分、
危険な状況の中撮影しているため手ぶれ部分が多く、
見やすい、重要、と思われる部分のみにしぼって編集しました。
現地を訪れていた際に撮影した人物から接触があり
「海外で公表してほしい」と
映像を私が譲り受け、持ちかえりました。

中国がチベットへ行っている宗教弾圧の、
実際の証拠映像はほとんど数がないため、
今回の映像は貴重なものと言えると思います。


信頼できる海外の消息筋によれば、


2001年12月25日、26日の両日
四川省甘孜州色達県五明佛学院に(ラルンガルゴンパ)
大勢の当局警察官が、僧坊を取り壊しにやってきたところ、
佛学院の僧侶、尼僧たち200名が結束して警官たちの活動を阻止した。このため再び衝 突が発生し、警官側が発砲したというが、今のところ、警察官一人が負傷、僧侶や尼僧に 負傷者が出たという情報はない。


土地のチベット人によって強く支持される、
ジグメ・プンツォク僧院長の影響力を恐れた中国当局によって、
佛学院は閉鎖、
寺院内の僧坊は取り壊された。
僧院長は陸軍病院に強制入院させられた。
同寺の責任者はなんとか今回の衝突を治めている。
ジグメ・プンツォク師は一年間拘禁された後、
2002年11月に佛学院に戻る事を許されたが、
当局は今もって彼に教えることを制限し、
厳しくその行動を監視している。

(2004年1月、ジグメ・プンツォク僧院長は再び強制入院させられた陸軍病院内で死 亡しました。)
(Youtubeのコメントより)


 映像で実際に壊してるのは私服の人が見えますが、指揮をしているのは明らかに中国の警官服を着ています。
 特に分かりやすいのが『2:30~2:38』の映像です。
 警官が腕を振ると、建物が壊されます。


 こんな感じで次々とチベット最大の僧院が破壊されてます。
 ……とはいえ、知識のない人がこの動画を見ても、どれが僧院なのかとかよく分からないと思うので、詳しい解説をしてくれる人が出てきてくれないものですかね。

 でもまぁ、実際にこの場所に行った人の旅行記を見つけたのでこちらをご参照ください。

参考リンク:
ラルンガル・ゴンパ潜入編
http://www.geocities.jp/gogotibet/travel/tibet2/tibet2-2.htm

 ラルンガル・ゴンパの写真などがあり、どういう場所なのか分かりやすいと思います。
 チベット人達が野蛮であると中国当局が時々言ったりしますが、野蛮かどうかはともかく、チベットはとても綺麗で争う気なんて起こらないようないい場所なのは分かると思います。綺麗な場所に住んでたら野蛮じゃないと言いませんが、近代的な、あるいは文明的な生活をしてなければ不躾に野蛮野蛮と言うのも間違いではないか、と思います。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
チベット問題で揺れる聖火リレー
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。