2009年03月05日

中東和平目指すクリントン長官

 アメリカのクリントン国務長官はパレスチナと意すらオルの二カ国共存を目指すそうです。

中東和平、「2国家共存」を確認 米長官、アッバス議長と会談


 【カイロ=安部健太郎】中東訪問中のクリントン米国務長官は4日、ヨルダン川西岸ラマラを訪れ、パレスチナ自治政府のアッバス議長らと会談した。中東和平交渉を継続するとともに、将来樹立するパレスチナ国家とイスラエルとの「2国家共存」を目指す方針を確認した。

 会談後の共同記者会見でアッバス議長は「和平に全力で取り組むことを米国に改めて伝えた」と述べ、「イスラエルの次期政権は(ヨルダン川西岸などへの)入植活動を凍結し、ガザ封鎖を解除すべきだ」と求めた。

 クリントン長官は包括的和平の実現に意欲を示し、東エルサレムでイスラエルが進めるパレスチナ人住宅の取り壊しを「この種の活動は(和平推進に)役立たない」と批判。ミッチェル米中東特使が、数週間後のイスラエルの次期政権樹立後に中東を再訪問すると明らかにした。

 パレスチナ側には米ブッシュ前政権は「イスラエル寄り」との警戒感が根強かった。だが今のところ、「オバマ政権はブッシュ大統領よりは公平で効果的な外交政策をとるだろう」(エジプトのアルアハラム政治戦略研究所のアブドルモネム・サイド所長)との見方が出ている。

 だが和平推進は容易ではない。イスラエルは右派政党リクードのネタニヤフ党首(元首相)の主導のもと、右派色の強い連立政権が樹立される見込み。同氏は「2国家共存」には消極的だ。

 クリントン長官が中東滞在中、和平での「2国家共存」の原則を繰り返し表明した背景には、暗に次期首相候補のネタニヤフ氏にくぎを刺す狙いがある。ハマスが支配するガザ情勢の先行きも不透明で、米国は難しいかじ取りが続きそうだ。(00:50)
NIKKEI NET



 あくまで中立で二カ国両立をめざすみたいですね。歴史的には、パレスチナ人が住んでるところに強引にユダヤ人が入って来て「ここは俺たちが1000年前に住んでたので元々俺の土地!」と半分もぎ取って作った国がイスラエル。なので、中東の人々はほとんどパレスチナ人に同情的で、とっととイスラエルとかいう変な国は潰れろと思ってます。
 それでも、なんとか両立させようというアメリカは、以前のイスラエルに極端に肩入れしていた時期に比べればましですけれど、やはり中東からはイメージ悪いでしょうねぇ。ここが安定してくれればなあ。  
タグ :国際中東


Posted by 哲学 at 21:04Comments(0)ニュース

2009年03月04日

自衛隊の海賊対処法案の骨子まとまる

 自衛隊の海賊対策が大体まとまったようです。


海賊逃走なら追跡不可 政府、新法案の骨子決定



 政府は4日、ソマリア沖など海賊対策で随時自衛隊派遣を可能にする新法「海賊対処法案」(仮称)の骨子をまとめた。警告射撃をしても接近する海賊船への射撃を容認する一方、法解釈上、現場から既に逃走した海賊の追跡は認めない死刑から懲役3年以下までの罰則も設ける。

 骨子は同日、与党のプロジェクトチームで了承された。自民、公明両党は10日に党内手続きを終え、13日にも閣議で決定、国会に提出される見込み。

 相手に危害を与える武器使用については、現行法に基づく海上警備行動で認められる正当防衛、緊急避難を基本とする。警告射撃をしても船舶に接近してくる海賊船に対しては、船体射撃も認めた。自衛隊は逮捕権などの司法警察権を持たないため、現場から既に逃走した海賊の追跡や武器使用はできない。海賊被害を抑止することに主眼を置く「抑制的な内容」(公明党幹部)とした。

 原則として海上保安庁が対処するが、特別な必要がある場合は首相の承認を得た上で自衛隊が対処すると規定した。
2009/03/04 19:48 【共同通信】

もっと知りたい ニュースの「言葉」
警告射撃(2004年1月17日)
 船舶に停止などを命じる際の威嚇のための射撃。2000年に成立した船舶検査活動法の制定過程では、当時与党の自由党が「国連決議に基づけば国際慣行から認められる」と主張したが、自民、公明両党は「憲法が禁じる武力による威嚇につながりかねない」と反対。自由党はその後与党を離脱し、最終的に法案明記は見送られた経緯がある。

47news


 ……何言ってんのこの人達?
 分かりやすく想像してみましょう。

 あなたが道を歩いていたら通り魔が金を寄越せと襲ってきました。
 正当防衛でなんとか相手を追い返しましたが、逃げた相手を捕まえるのは法律違反です。
 日本は戦争しない国なので通り魔に襲われても、相手が逃げたら罪を問いません。

 つまりはこういうことじゃないですか。
 しかも相手は通り魔じゃなくて海賊です。自衛隊員の何人かはこの海賊達に殺されるかもしれません。
 むしろ、海賊達は「逃げれば向こうは追ってこない。威嚇射撃しかできない金持ちの日本人はカモだぜ!!」と意気揚々と襲いかかってくることでしょう。
 自衛隊の装備でなんとか撃退しても、被害は出るだろうし、死傷者も出ます。【でも、逃げたら追跡しません。また襲われるまで何度でも放置です。】とかどういうことなんだろう?
 平和憲法うんぬんで綺麗事抜かしてる政治家先生達は、日本を守るために戦う現場の自衛隊の人達のことを考えてないのだろうか。

 まあ、詳しい法案の草稿を見たわけではないので、分からないけれど――この報道が本当なら、全く理不尽な話だと思います。  


Posted by 哲学 at 20:54Comments(0)ニュース

2009年03月03日

北朝鮮と在韓国連軍、約7年ぶりに将官級会談

 国連軍と北朝鮮軍の偉い人が話し合ったそうです。

北朝鮮と在韓国連軍、約7年ぶりに将官級会談



【3月3日 AFP】北朝鮮と在韓国連(UN)軍は2日、軍事境界線上の板門店(Panmunjom)で、約7年ぶりに将官級会談を行った。北朝鮮については、同国が計画しているロケット打ち上げをめぐって緊張が高まっている。

 在韓国連軍当局によると、会談は北朝鮮側からの提案で行われ、緊張緩和に向けた方策が話し合われたほか、今後も協議を継続することで合意し32分間で終了したという。国連軍側は今回の会談について、信頼関係の構築に役立つとして、歓迎する姿勢を示した。

 韓国の聯合(Yonhap)ニュースは、北朝鮮側が、今月9日から始まる大規模な米韓合同軍事演習について、あらためて非難したと報じた。一方、国連軍当局の報道官は、この報道について確認を避けた。(c)AFP/Jun Kwanwoo


 6年半ぶりの出来事です。色々と北朝鮮が精力的に活動してますねぇ。対話と圧力を北朝鮮に仕掛けると国際社会は言いながら、実は北朝鮮に対話と圧力をかけられているといのが現状ですね。なんというか、向こうの交渉力が凄いのかこちらが駄目なのか。うーむ。  
タグ :国際北朝鮮


Posted by 哲学 at 09:47Comments(0)ニュース

2009年03月02日

竹島問題、日本政府、韓国への抗議を公表せず。

 日本政府はいつも韓国政府に抗議してるけど、それはマスコミには内緒だそうです。

竹島問題こっそり韓国に抗議 日本政府、公表せず


2009.2.27 17:37

 【ソウル=黒田勝弘】韓国の「2008年度版・国防白書」が日本の竹島を韓国の領土と記述し、表紙などに竹島を背景にした写真を掲載していることに対し、日本政府は在ソウル大使館を通じ韓国政府に抗議し、東京でも韓国大使館の担当者を呼び抗議した。抗議は白書が発表された23日に行われたが、日本政府は公表せず、抗議は韓国世論をはじめ対外的にはまったく知られていない。

 日本大使館によると、ソウルでは駐在武官を通じ韓国国防省に伝達し、東京では韓国大使館参事官を外務省に呼び抗議したという。韓国政府は昨年9月、日本の「防衛白書」をめぐる同様の問題では日本大使館公使を外交通商省に呼び抗議するとともに、日本非難の公式論評を発表している。

 日韓が領有権を争っている竹島(韓国名・独島)問題では、韓国政府は終始、日本への非難や抗議を内外に積極的に発表しているのに対し、日本政府(外務省)は「韓国世論を刺激してはいけない」(日本大使館筋)として韓国への非難や抗議は公表しない姿勢を取り続けている

MSN産経ニュース


 公表しない抗議って意味あるのでしょうか。少なくとも、相手は対外的にバンバン好き勝手言っているのに、日本政府は何故韓国の世論に気を遣ってるのでしょうか。日本国民の世論は気にしないのでしょうか。こういう態度はどちらかというと日本国民に対するモノ以上に丁寧にしてます。おかしいですね。日本政府は日本国民のためのものだったはずなのに。
 もっと声を大にして怒るべきではないでしょうか。  


Posted by 哲学 at 09:45Comments(0)ニュース

2009年03月01日

日米共にミサイル対策へ

 アメリカも北朝鮮のミサイル迎撃に協力してくれるそうです。

【主張】北のミサイル 日米の迎撃準備は当然だ


2009.3.1 02:32

 北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射した場合に備えて、日米両国の防衛当局が迎撃を含めた対応を検討していることがわかった。

 北朝鮮は「衛星の打ち上げ」としているが、弾頭部分を除けば衛星打ち上げと弾道ミサイルに技術的違いはない。北の核実験を受けた2006年の国連安保理決議1718は「ミサイル計画に関連するすべての活動」を停止し、核実験とミサイル発射をしないよう求めている。決議は今も有効だ。

 米政府のヒル国務次官補は「本質的にミサイル打ち上げだ」として発射が同決議に違反するとの見方を示し、日韓両国も懸念を高めている。北朝鮮は国際社会の意思を尊重し、無謀な発射準備を直ちにやめるべきである。

 北はこれまでも国際的な取り決めを踏みにじり、ミサイル発射や核実験をした。今回も国連決議に従おうとしないならば、日米両国が北東アジアの安全を守るために迎撃準備を進めるのは当然だ。

 北のミサイル発射に備えて、米国防総省報道官は「挑発への準備は万全だ」と語り、浜田靖一防衛相も2月27日の会見で「(迎撃を)検討している」と述べ、北の弾道ミサイルが日本に向かう場合はミサイル防衛(MD)システムで迎撃する可能性を示唆した。

 日本政府のMDシステムは、日本に飛来する弾道ミサイルをイージス艦搭載の迎撃ミサイル(SM3)で防ぎ、阻止できなかった場合は地上発射型迎撃ミサイル(PAC3)で撃ち落とす。

 実際に迎撃に踏み切れば、自衛隊法で規定された「弾道ミサイル等に対する破壊措置」を初適用することになるが、問題はこれに必要な情報の入手に集団的自衛権の問題が問われていることだ。

 日本の情報収集衛星などでは十分でなく、米国との情報共有が不可欠だ。そのためには憲法上、集団的自衛権を行使できないとする解釈を早急に改めなければならない。実際の迎撃についても、シーファー前駐日米大使が「米国はミサイルが日米どちらに向かっても撃墜するが、日本はそうなっていない」と懸念を表明してきた。

 米政府は新たな北朝鮮問題担当特使を今週、アジアに派遣し、日中韓ロシアとの協議に入る。ミサイル発射阻止へ向けた協調外交が重要な段階を迎えるが、その一方で発射に備えた迎撃準備も怠らずに進める必要がある。
MSN産経ニュース


 とはいえ、日本の憲法の制約が大きく問題になっており、もし何かあったとして、アメリカしか動けない可能性もあります。シーファー元駐日アメリカ大使もそのところを懸念しております。
 自分の国を守るのにもう少し制限を広げるべきだと思うのですが――この国の自称平和主義者達はなかなかそれを許してくれません。今そこにある危機をもっと感じるべきではないでしょうか。  
タグ :国際北朝鮮


Posted by 哲学 at 04:24Comments(0)ニュース