2009年03月10日

北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告

 北朝鮮は衛星を打ち上げる予定なので邪魔されたくないそうです。

北朝鮮、「衛星(ミサイル)迎撃するなら戦争開始」と日米韓に報復攻撃を警告


衛星迎撃なら「戦争」 北朝鮮、日米韓への報復攻撃を警告
北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部スポークスマンは9日、北が「人工衛星」と主張して発射準備を進めている長距離弾道ミサイルを日米韓が迎撃することは「戦争を意味する」とし、「本拠地に対する正義の報復打撃戦を開始する」とする声明を発表した。朝鮮中央通信が報じた。北朝鮮がミサイル迎撃論に言及したのは初めて。

朝鮮中央放送は9日午前6時の定時ニュースで伝え、声明は朝鮮人民軍総参謀部スポークスマンが直接読み上げた。声明は、9日から20日まで行われる米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」と野外機動訓練「フォール・イーグル」を「わが共和国(北朝鮮)に対する露骨な軍事的威嚇であり、一種の宣戦布告」とし、現在、南北間の唯一の連絡網となっている軍事当局間の通信回線を「9日から遮断する」と表明した。

これに先立ち、北朝鮮は米韓合同軍事演習に反発し、5日には北朝鮮周辺の日本海上空を通過する韓国の民間航空機の「安全は保証できなくなった」と警告。9日の声明では、全将兵に万端の戦闘準備を整え、攻撃を受けたら「容赦なく無慈悲に懲罰せよ」と命令したと表明し、軍事的緊張を高めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000531-san-int

痛いニュース


 ……軍事作戦とは、普通敵国に知られないように秘密裏に行い、敵の裏をかくものです。
 あらかじめ「こんなことをします」と周りに宣伝して、警戒させるものではありません。
 なんか……色々と馬鹿馬鹿しくて……言葉もない。  
タグ :国際北朝鮮


Posted by 哲学 at 23:55Comments(0)ニュース

2009年03月09日

米韓軍事演習で北朝鮮通信遮断

 在韓米軍と韓国軍が軍事演習をしたので北朝鮮は通信を遮断したそうです。

米韓軍事演習:始まる 北朝鮮は南北の通信を遮断


 【ソウル西脇真一】米韓連合軍の合同軍事演習「キー・リゾルブ」と野外機動演習「フォール・イーグル」が9日、韓国で始まった。20日までの演習期間中、米軍だけで在韓の1万2000人と韓国以外に駐留する1万4000人が参加する。南北の緊張状態が続く中での演習で、北朝鮮軍部は「一種の宣戦布告だ」などと猛反発している。

 北朝鮮はまた、「戦争演習に狂奔しているときに通信ルートを維持することなど話にならない」として、南北間の通信手段として唯一残っていた軍同士の通信を一方的に遮断。このため、北朝鮮の開城工業団地に滞在し、同日帰国予定だった韓国人80人の手続きが不可能になり、足止めが続いている。工業団地などには約650人の韓国人が滞在中で、安否が気遣われている。

 一方、米韓連合軍司令部は同日の報道資料で「演習の重要目標は韓国防護の準備態勢を整えることにある。いかなる政治状況とも関係していない」とのシャープ連合軍司令官の言葉を紹介し、挑発の意図を否定している。

 北朝鮮の動きについて専門家の間には、過去の行動との類似性を指摘する声がある。

 93年1月に米民主党のクリントン政権が発足すると、北朝鮮は同3月の米韓合同軍事演習に猛反発し、国内向けに「準戦時体制」を宣言。核拡散防止条約(NPT)からの脱退も宣言し、同5月末には日本海に向け中距離弾道ミサイル「ノドン1号」を試射。こうした強硬姿勢を背景に同6月には米朝高官協議にこぎつけた。
毎日JP


 相変わらず、米軍を挑発して自分の言うことを聞いてくれるように仕向けています。
 ……子供か。  
タグ :国際北朝鮮


Posted by 哲学 at 23:48Comments(0)ニュース

2009年03月08日

パレスチナが統一政府再樹立へ

 パレスチナが統一政府樹立へ向けて動いている様です。


パレスチナ:自治政府首相が辞職願 統一政府再樹立、流れ受け



 【エルサレム前田英司】パレスチナ自治政府のファイヤド首相が辞職願をアッバス議長に提出、今月末までに辞任する意向を表明した。首相の事務所が7日、発表した。

 パレスチナ各派が内部分裂を解消し、「統一政府」の再樹立に動き出したことを受けたものという。現政権は、07年6月のイスラム原理主義組織ハマスによる自治区ガザ地区の武力制圧に伴い発足した「暫定内閣」で、議長の出身母体ファタハとハマスによる統一政府が再樹立されれば、もともと辞職することになっている。

 AFP通信などによると、ファイヤド首相は「(パレスチナの)分裂に終止符を打ち和解と再統一を実現するため、この好機を結実させねばならない」と強調した。ただ、アッバス議長は首相に対し、統一政府の可否が確定するまで職務を続行するよう要請したという。ファタハとハマスなどパレスチナ各派は2月26日、エジプトの仲介でカイロで会談し、統一政府の樹立について今月10日から本格協議に入ることで合意。自治政府筋は、この時期に辞意表明した理由を「協議の前進を後押しする意味合いもある」と解説した。
毎日新聞


 パレスチナは各宗派の勢力が乱立しており、分裂状態でしたが、これを機に、同じパレスチナ人同士力を合わせて行くことが出来たらいいな、と思います。とはいえ、イスラエルとしては脅威が増えたことになるのかもしれませんが。  
タグ :国際中東


Posted by 哲学 at 09:43Comments(0)ニュース

2009年03月07日

駐日中国大使「日米同盟関係ない」

 駐日中国大使が尖閣諸島と日米同盟は関係ないと発言したそうです。

「尖閣と日米同盟は関係ない」駐日中国大使



 中国の崔天凱駐日大使は6日、都内で開かれた共同通信の論説研究会で講演し、日本と中国、台湾がそれぞれ領有権を主張している尖閣諸島(中国名・釣魚島)について「日米同盟と同島(の問題)は関係ない。中国の対応は一貫しており(従来の立場を)変えることはない」と述べた。

 日本政府は5日、尖閣諸島が攻撃された場合、日米安保条約の対象になるとの米政府の公式見解を確認したと表明。崔大使はこうした日本側の動きをけん制し、領有権を主張する中国の立場を再確認した。

 崔大使は一方で「当面解決できない問題を取り上げて、両国民の感情的対立をあおることはよくない」と述べ、日中関係全般に影響させないよう「慎重な対応」が必要と主張した。

MSN産経ニュース



 めんどくさくなってきたので、中国はもう、しばらくはほとぼりが醒めるまで尖閣諸島のことについては黙っておくことにしたそうです。
 相変わらずのらりくらりと……。  


Posted by 哲学 at 03:37Comments(0)ニュース

2009年03月06日

尖閣諸島に日米安保適応確定

 尖閣諸島には日米安全保障条約が適用されるのが確定したようです。

尖閣諸島に日米安保条約適用 官房長官「米政府から確認」



 河村建夫官房長官は5日、日米安全保障条約による米国の日本防衛の義務が尖閣諸島にも及ぶかどうかについて「尖閣諸島に適用する米国政府の見解は従来からのもので、変更していないとの確認を得た」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 河村長官によると、米側は「尖閣諸島は沖縄返還以来、日本政府の施政権の下にある。日米安保条約は日本の施政下にある領域に適用される」との見解を提示。同時に「米国は尖閣諸島の最終的な主権についての立場を有していない。権利を主張している当事者間で平和的な手段により解決されることを期待する」との立場も示したという。 (19:37)

NIKKEI NET


 つまり、アメリカは「現在尖閣諸島は日本が領有していることは認める。だから、守る。でも、これからも日本の領土でありつづけるかまでは分からない」と言う立場のようです。
 やはり、日本の領土は日本で守らなければなりません。アメリカが安保を適用してくれるからと言って喜んでいる場合ではありません。自分の国の領土を守るために、日本国民はもっと問題意識を持つべきだと思います。  


Posted by 哲学 at 01:20Comments(0)ニュース