2009年02月25日

金総書記、母の生家を訪問

 北朝鮮の金総書記が亡き母の生家を尋ねたそうです。

金総書記、母の生家訪問 後継問題と関連か



 【ソウル=山口真典】北朝鮮の金正日総書記は、北東部の咸鏡北道の会寧(フェリョン)市で工場などを現地指導したほか、生母である故金正淑(キム・ジョンスク)氏の生家を訪れた。訪問日は不明。25日の朝鮮中央放送の報道をラヂオプレスが伝えた。

 総書記は「歳月が流れ世代が代わり革命が深化するほど、革命伝統教育は一層重要になる」などと強調。北朝鮮関係筋は「母の生家の訪問は珍しい」と指摘し、後継問題との関連が注目される。北朝鮮メディアは21日以降、咸鏡北道における総書記の動静を連日報道。長距離弾道ミサイル発射準備の兆候がある発射場も咸鏡北道にあり、訪問の可能性がある。

 一方、聯合ニュースによると韓国国家情報院の元世勲(ウォン・セフン)院長は25日の国会報告で「金総書記の息子に3代目の世襲が可能だと見ている。ただ政権掌握力は相当に低下するのではないか」との見通しを示した。総書記の健康状態に関しては「完全に回復していないが業務処理に大きな支障はない」と述べた。(22:01)
NIKKEI NET


 んー、なんといいますか、一時は死亡したのではないかと言われていた金総書記ですが、そこら辺の情報と合わせて考えてみると……この行動がもし、政治的なものではなく、人間的なものだとしたら、死ぬ前の人間の行動っぽいんですよねぇ。
 自分の死期が近い時、身近な人物で先立たれた人にゆかりのある場所を尋ねるってよくある話だと思うんです。やっぱりそろそろこの人は死にそうですねぇ。

タグ :国際北朝鮮

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。