2008年12月31日

ガザ空爆:停戦協議?

 全面戦争を宣言していたイスラエルですが、一時的に停戦することを協議し始めたようです。

ガザ空爆:48時間停戦案を協議 イスラエル指導部



 イスラエル放送によると、同国のオルメルト首相、バラク国防相、リブニ外相は30日夜、パレスチナ自治区ガザに人道支援物資を搬入するため強硬派ハマスと48時間停戦するとのフランスの提案を協議した。協議結果は明らかにされていない。

 一方、ハマス報道官は「イスラエルの攻撃停止と境界封鎖の解除が必要だ」と述べ、停戦案には否定的な姿勢を示唆。イスラエルは、ハマスが停戦案を拒否して攻撃を続ければ、地上侵攻に踏み切る構えを示している。

 イスラエル軍は30日夜、政府庁舎やガザ南部のエジプトとの密輸用トンネルなどに空爆を続行。ロイター通信によると、27日の空爆開始以来の死者は384人となった。

 ガザの武装勢力は30夜、約40キロ離れたイスラエル南部の都市ベエルシェバに初めてロケット弾を撃ち込んだ。けが人はなかったが、ハマスの攻撃能力の向上をあらためて示した。(エルサレム共同)
毎日新聞


 戦争相手に人道的物資を送るというのはなかなか現代の戦争の複雑さを感じさせます。まあ、そんな個人的感想はともかくとして、一時的にもガザの空爆がおさまることになる可能性が出てきてなによりです。こういう場合、なんのかんので戦闘員以外の一般人が傷つくことが多いですし。
 できれば来年はこの地に平和が訪れることを願いたいです。


 本ブログの今年の記事はこれで終了です。いつも来てくれている方々ありがとうございます。また、来年もよろしくお願いします。

タグ :国際中東

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。