2008年12月23日

首相決定による重要課題推進枠決定

 官邸主導の予算枠が儲けられ、首相がその内訳を決めたようです。

09年度予算 社会保障775億円追加



2008年12月23日 朝刊

 中川昭一財務相は二十二日、二〇〇九年度予算編成で新設された「重要課題推進枠」(重点化枠)三千三百三十億円と、調整財源二百億円の配分を各省庁に内示した。「国民の生活防衛」を予算編成の重要課題に掲げる麻生太郎首相が配分を決定し、社会保障関連や地方の活性化策、外交強化などに重点的に計上された。 

 主な分野別の内訳は、医師不足や雇用促進など社会保障関連に七百七十五億円を追加で予算措置。教育・研究開発に七百五億円、地方対策に六百七十五億円、農業関連に六百三十億円がそれぞれ原案から上積みされた。

 焦点だった重点化枠が固まったことで、〇九年度予算の全容が固まり、政府は二十四日の閣議で政府案を決定する。

 社会保障関連では医師確保・救急医療対策に三百四億円計上。病院間の連携を向上させ、社会問題化した患者のたらい回しの減少を図る。

 少子化対策では、出産一時金を三十八万円から四十二万円に増やす。

 農業関連では、水田の有効活用に四百二十三億円。生産調整を拡大して麦、大豆など食料自給率が低い作物に転作した農家を対象に助成金を出す。

東京新聞


 これまでの予算は全て大蔵省主導でなかなか官邸主導とはいきませんでしたが、首相の意志決定によって予算を組む枠が設けられました。これは非常に大きな事です。まあ、全体の1%前後でしかないですが。大蔵省の硬い頭とは違う自由な発想で予算を組めますが、官邸が無能だった場合はとてつもない被害を出す可能性もあるこの予算枠。上手く使って頂きたいと思います。

タグ :国会政治

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。