2008年12月16日

アメリカに喧嘩売った記者、イラク国内で賞賛

 昨日、ブッシュ大統領に靴を投げつけた記者はイラク国内で賞賛され、釈放を求めるデモが出でいるそうです。

「靴投げ記者釈放を」 イラク国内で称賛のデモ


 【カイロ=浜口武司】バグダッドを14日に訪問したブッシュ米大統領に対し、記者会見で靴を投げ付けたイラク人記者を称賛する声が、イラク国内で広がっている。イラク政府は国賓への野蛮な行為だとして、記者の所属するテレビ局に謝罪を要求しているが、局側は「表現の自由」を主張し、記者の即時釈放を求めている。

 投げたのはエジプト・カイロに拠点を置くイラク人資本の衛星テレビ「バグダディーヤ」のザイディ記者。AFP通信によると同記者は普段から同僚に対し、ブッシュ大統領や米軍への憎しみを口にしていたという。

 バグダッドや、イラクのイスラム教シーア派の聖地ナジャフでは15日、反米指導者サドル師派の支持者らがデモ行進を強行。米兵に向けて靴を投げる参加者もいたという。

 同記者はシーア派の信者で、バグダッド大学を卒業し、テレビ局に約3年間勤務している。昨年11月には武装集団に数日間、拉致されたという。

中日新聞



 こんなデモが起きてるのを見れば、ブッシュ大統領がイラクに「勝利宣言」しに来たのは失敗で、アメリカがイラクの平和に貢献してきた事が眉唾に見られてしまうのは必至でしょう。色々と裏目に出ています。なんていうか、本当に色々とマズイと思うのですが、でも、これによって逆にイラクはもっと早く立ち直る事になるかも知れません。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。