2008年12月14日

尖閣諸島問題で何も出来ない日本

 尖閣諸島に中国の軍船が入り込んだ事に対し、首相は遺憾の意を示したが、軽く流されてしまったそうです。

金融危機に協力して立ち向かうことに大きな意義=日中首脳会談


 [福岡 13日 ロイター] 麻生太郎首相は13日午後、福岡県太宰府市で行われた日中首脳会談で、日中韓3カ国が世界的な金融危機のもたらした不況からいち早く脱却することが重要との認識を示し、日中韓の協力が重要と述べた。

 その上でこうした協力がアジアや世界経済成長の貢献になるとの見解を示した。

 中国の温家宝首相は「3カ国が協力しながら、自国経済をしっかりするということがアジア経済の刺激になる」との認識を示した。両首脳は、日中が協力し、金融危機に立ち向かうことに大きな意義があるという意見で一致した。

 中国の海洋調査船が今月8日に東シナ海の尖閣諸島周辺の日本の領海内を航行したことに関し、麻生首相は「非常に遺憾である」と述べ、「東シナ海を平和協力・友好の海とし、両国が戦略的互恵関係を築こうとしている中での事件であり、日中関係に良い影響を与えない」との見解を示した。

 これに対し、温首相は「この地は古来より中国の固有の領土である。その立場は一貫して明確であり、確固たるものである」とあらためて主張。その上で「中国としては話し合いを通じ、適切に解決したい」と述べ、「友好な2国間関係に影響を与えないようにしたい」との意向を示した。

 東シナ海での資源開発問題について、麻生首相は「政治的合意を実施に移すための協議を早期に行いたい」と述べた。温首相は「実務レベルで引き続き意思疎通を続けていきたい」と語った。

 6カ国協議について、麻生首相は「必ずしもうまく進まなかった。これについては残念である」と述べ、「日本としては拉致(らち)問題、あるいは核問題ともに極めて重要な問題」との認識を示すとともに、議長国である中国の役割を期待するとの見解を示した。

 温首相は麻生首相に対し「来年の適切な時期に訪中することを望んでいる」と述べた。

  (ロイター日本語ニュース 武田晃子記者;編集 田巻 一彦)


 日本が

「尖閣諸島はうちの領土だ。勝手に入らないでくれ」

 と言ったら、中国は

「はいはい、今は金融危機でそれどころじゃないので気にすんな。あと、尖閣諸島は昔から中国の領土だから。ま、ともかく仲良くしてこうぜ」

 と言った訳ですね。
 日本は軽くあしらわれてるじゃないですか。もっと断固として抗議すべきだと思います。中国は日本の助けなくしては生きていけないのも確かだと思います。日本はもっと強く中国に対して訴えるべきです。
 麻生首相には、いや、日本の外交に携わる全ての人にもっと力強い日本を海外に対して見せて欲しいと思います。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

この記事へのコメント
正直にいうと、麻生さんの対応は中国人としてのわたしも驚きました。
尖閣列島は争議がある領土であり、中国人としての考えでは、東シナ海での資源を交渉でうまく共同開発にすすむことができれば、尖閣問題は解決できないままおいても大丈夫である。

ただし
中国は日本の助けなくしては生きていけないのも確かだと思います。

というわけがありません。

むしろ両方の相互依存度が高まっているのではないでしょうか。

特に、金融危機のいま、家電・自動車産業の景気が悪化していて、対中輸出は日本にとってとてもたいせつだ思います。
Posted by 徐 at 2008年12月16日 14:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。