2008年11月24日

ダライ・ラマ14世が政治的引退を示唆

 ダライ・ラマ14世猊下が政治的に引退を示唆されたそうです。

ダライ・ラマ14世:政治活動引退、示唆 後継にも言及--会見



 【ニューデリー栗田慎一】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は23日、チベット亡命政府のあるインド北部ダラムサラで記者会見し、「私も73歳だ。政治的な役割から引退すべきだと感じている」と語り、“国家元首”の立場から身を引き、宗教指導者としての役割に専念したい考えを明らかにした。「高度な自治」を求めて中国と02年から続けてきた対話が事実上失敗したことを受け、責任を取る意向とみられる。すぐの引退はないとみられるが、発言はチベット人社会に大きな波紋を広げそうだ。

 ダライ・ラマはこれまでも、チベット人たちとの会合で政治活動からの自発的な引退を漏らしているが、メディアに対して述べるのは初めて。さらに「私の後は、(チベット仏教ナンバー3で23歳の)カルマパ17世がいくつかの任務を引き継ぐだろう」と述べるなど、後継指名とも取れる発言をした。

 ただ、22日に閉幕した亡命チベット人諸組織の代表者会議は、ダライ・ラマに政治的役割の継続を求めることで一致。亡命政府幹部も「すぐの引退はない」と否定した。

 またダライ・ラマは「チベットのために死ぬまで働くのが道徳的責務だ」と述べ、宗教指導者としての役割に変わりはないことを強調。一方で「これからは若い世代がいい。次のダライ・ラマも古式と伝統に従って選ばれるだろうが、女子にも機会が与えられるべきだ」と語った。焦点の中国との対話再開については「決断するまで1カ月待ってほしい」と言葉を濁した。

毎日新聞 2008年11月24日 東京朝刊



 即時引退ではないものの、永らくチベット指導者であり続けたこの方が政治の舞台から離れるというのは大きな出来事です。しかも、これまでの中国との取り組みを事実上失敗と認める事も大きいです。さらには宗教的な変革も示唆されていてちょっと整理が追いつかない状態です。これは中国に利するだけじゃないのか、という危惧も考えられます。まあ、また続報が出てくるでしょうから、見守って行きたいと思います。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。