2008年11月15日

金融サミットで欧米激突

 金融サミットでアメリカとヨーロッパの意見が対立したようです。


米「過剰な市場介入反対」 金融サミット、EUと対立



2008/11/15
 ブッシュ米大統領は13日、ニューヨークで講演を行い、繁栄をもたらした「最良のシステム」である自由市場による資本主義を、金融危機回避のために放棄することがないよう主要国の指導者に要請した。

 ブッシュ大統領は、週末にワシントンで行われる20カ国・地域(G20)緊急首脳会合(金融サミット)に先だって講演し、各国の政策担当者が、金融危機を好転させるためであっても、市場に過剰な介入を行うべきではないとの認識を示した。

 ≪「自由経済の発展を」≫

 同大統領は「歴史的にみて、経済の繁栄に、より大きな脅威がもたらされるのは、当局による介入が小さすぎた場合ではなく、大きすぎた場合だ」と指摘。「私たちがなすべきことは、システムを再構築しようとすることではなく、直面している問題点を改善し、必要な改革を行い、自由市場のシステムをさらに発展させることだ」と強調した。

 これに対し、オーストラリアのラッド首相や、フランスのサルコジ大統領は、金融危機に際し、政府による市場の管理をより強化すべきだとしており、投機を含む投資を抑制できなかったとして米国を非難しており、米欧間での対立が予想される。

 欧州連合(EU)加盟国は金融の規制強化の方向性を打ち出しており、金融サミットでは、格付け会社の規制強化、金融機関のリスク管理姿勢や報酬への監視などをEU提案として明示する予定だ。

 欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、オーストリア中央銀行のノボトニー総裁は13日、金融サミットで、ヘッジファンドの監督強化が議題となる可能性を指摘、ヘッジファンドはビジネスモデルの変更に備える必要があるとの認識を示した。

 EU議長国を半年にわたって現在務めているサルコジ大統領は7日に、「過剰規制の世界に移行したいわけではないが、われわれはゲームのルールを変えたい」と述べている。

 ≪CDS監視など連携≫

 ただ、ブッシュ大統領も会計制度に共通の基準を設けることや、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)などの金融市場への監視の強化、投資家保護の向上といった点について言及。こうした措置には国境を越えた当局間の連携が必要だと訴えた。

 米証券大手メリルリンチのチーフ国際エコノミスト、アレックス・パテリス氏(ロンドン在勤)は「大まかに言って、投資家はここ数年、市場における政府の役割というものを無視している」と指摘した上で、「だが、それも、もう終わりということだ」と付け加えた。

 自由市場主義を擁護する姿勢を見せたものの、ブッシュ政権は今年に入り、政府の役割を拡大させ、保険大手AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)をはじめ、米証券ベアー・スターンズ、住宅金融大手のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)やフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)といった企業に救済の手を差しのべている。

 ブッシュ大統領はまた、今回の危機は、自由市場システムの問題というよりは、投資家や金融当局、政府による失敗によって引き起こされたと分析した。

 同大統領は、今までのところ、各国政府や中央銀行が行ってきた措置により、金融市場の凍結状態は解除されつつあり、金融の状況も安定化しつつあるとの認識を示した。(Simon Kennedy、Holly Rosenkrantz)
サンケイ・ビジネスアイ


 金融の枠組みそのものを変えてしまおうという根本治療を求めるヨーロッパに対し、対処療法的にこの金融危機を乗り越えようとするアメリカの構図……と言うのが一番分かりやすい話でしょうか。
 なんでもかんでも規制してしまえば経済が萎縮すると言いますが、野放図にしてしまうのもまた考え物です。今までアメリカは民主主義と資本主義を世界各国に押し売りしてきましたが、果たしてそれが成功しているかと言うと難しい所です。ここらで一度大きくシステムそのものを作り替える必要があると思うのですが――果たしてどうなるのか、今後の世界を変える会議になるかもしれないので注目です。
 気になるのは、果たして日本はどういう立場に立つのかですが……安易に対米従属は辞めて欲しいのですが果たして。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。