2008年11月14日

宗教でテロが認められず

 国連で、宗教テロが否定されたそうです。


宗教でテロ正当化認めず、と宣言 国連会合が発表



 【ニューヨーク13日共同】宗教間の対話や中東和平の促進などを目指しサウジアラビアの提唱で開かれた国連会合は13日、潘基文事務総長が、宗教を理由にしたテロ行為や市民の殺害が正当化できないことなどを確認した会合宣言を発表、事実上閉幕した。

 12日に始まった会合は、対立するアラブ諸国とイスラエルの協調に向けた取り組みを演出。国交のないサウジのアブドラ国王とイスラエルのペレス大統領が初めて公の場で同席したことに注目が集まったが、中東和平の進展に大きく寄与するとはみられていない。

 潘事務総長はサウジのサウド外相との共同会見で「われわれが必要としているのは実行力ある対話だ」とし、今後の取り組みが重要と述べた。

 会合には70カ国以上が参加。任期切れを控え、最後の国連演説になるとみられるブッシュ米大統領は「信教の自由を保護する最善の方法は、民主主義の高まりを支援することだ」と強調。麻生太郎首相の特使として出席した高村正彦前外相は、宗教間や異文化間の対話促進に日本が引き続き取り組む考えを説明した。
2008/11/14 10:14 【共同通信】


 これはなにを今更、と思う方もいるかもしれませんが、そもそもイスラム教では、「ジハード」(聖戦)と言う概念があり、正義を行うために武力を伴う事が許されています。宗派によっては自爆テロすら神様が許してくれることになります。
 法律で禁止しても、神様の教えの方が優先される人が多いので、いくら国連でこれを可決しようと自爆テロをする宗派はするでしょうが、それでも一定の規律を作るためにこれは必要だったと思います。

タグ :国際中東

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。