2008年11月08日

イランがオバマ氏の当選を歓迎

 イランの大統領がオバマ氏の当選を歓迎しているようです。

イラン大統領、「オバマ氏歓迎」と異例のメッセージ



(CNN) 国営イラン通信(IRNA)によると、同国のアフマディネジャド大統領は6日、米大統領選で勝利したバラク・オバマ上院議員の当選を祝い、「変化を歓迎する」との声明を発表した。79年のイラン革命後に断交して以来、同国指導者が米大統領に歓迎の意を示すのは初めて。

アフマディネジャド大統領は声明の中で、オバマ氏には「身勝手な少数派による際限のない要求よりも、真の公益と正義を選び、歴史に名を残すことを望む」と述べた。また、米国民はオバマ氏に米国の軌道修正や名誉の挽回を期待し、世界は米国が「戦争志向、占領、弱い者いじめ、他国への侮辱や差別」から、「正義を掲げ、人権と友情を尊重し、他国の内政に干渉しない政策」に転換することを期待している、と強調。特に中東地域への偏った介入を慎むよう求めたうえで、「イランは米国の政策、行動が根本的に変化することを歓迎する」としている。

米国とイランは近年、イランの核開発問題などをめぐって対立を深めていた。オバマ氏は選挙戦の中で、イランやシリア、北朝鮮などの指導者とも前提条件なしで直接対話するとの構えを示してきた。
CNN JAPAN


 敵対国が相手の国の選挙の結果を歓迎するのは異例なことです。それだけオバマ氏に寄せる期待も大きいのでしょう。語る言葉が今までのアメリカを如実に語っています。
 中東問題は世界への影響力がとても凄まじい問題です。これを機に中東に平和が訪れるといいのですが――就任した時に期待です。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。