2008年10月11日

給油延長法案、いよいよ採決か

 いよいよ給油延長法案が採決されることになりそうです。

給油延長法案、20日に衆院委で採決



 衆院テロ防止特別委員会は10日午前の理事会で、来年1月に期限切れとなるインド洋での海上自衛隊の給油活動を1年間延長する法案について、20日に委員会採決する日程を決めた。21日に衆院を通過する見通しだ。理事会に続く委員会では河村建夫官房長官が給油延長法案の提案理由を説明し、審議入りした。継続審議だった民主党の対案も同時に審議に入った。

 理事会では両案に関して17、20両日に質疑する日程を確認。17日は麻生太郎首相も出席する。参院では多数を占める野党が早期採決を容認する姿勢を崩さなければ、給油延長法案は今月下旬までに否決され、衆院再可決を経て成立する方向だ。

 政府提出の給油延長法案は海上阻止活動に参加する各国艦船に限って給油・給水するこれまでの活動は変えずに1年間延長する内容。民主党の対案は停戦合意を前提に、医療・農業など民生支援に向けてアフガニスタン本土への自衛隊派遣を認めるのが柱だ。(10日 14:01)
NIKKEI NET


 このサイトではずっと書いてきましたが、哲学さんは給油賛成派です。何故ならば、あの海域は日本の石油タンカーの通り道であり、あの海域を守る事は日本の国益に繋がると思うからです。
 大体、危険だから、とか戦争の荷担になるから、と言っている割に民主党の対案であるアフガニスタン支援はイラクやインド洋以上に危険な場所だったりします。そこに行く事を認めるのならば、インド洋で給油するのは全然問題ないと思うのですが――。
 ただ、これでまた参議院で審議が止まって政治に停滞が生じることのないようにお願いしたいものです。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。