2008年10月03日

マスコミにねつ造された解散日程

 麻生首相は一度も「解散する」と言ってないのにマスコミはやたらと解散日程を報道していたようです。

麻生首相に解散の気配なし
解散日程を勝手に捏造したマスコミの困惑

 10月1日、新聞・テレビは一斉に解散・総選挙の日程が「先送り」されたと報じた。
 わずか1日前、TBSと産経新聞は「10月3日の解散が確定した」と報じたばかり。思えば、
 当初、総選挙は10月26日で決まった、と報じられていたはずだ。9月18日付の朝日新聞一面
 トップ記事によれば、「3日解散」で与党合意が為されたとある。

 前日には、読売新聞が観測的な記事を書いていたが、この朝日新聞の報道を受けて、
 他紙、及びテレビメディアも一気に後追いを開始した。この瞬間、マスコミによって作られた
 「解散風」は突風になったのである。
 与野党問わず、多くの衆議院議員が走り出す。選対事務所の賃貸契約を結ぶ議員が続出し
 永田町は解散モードに突入した。

 それにしても、まだ総裁選の最中である。麻生首相誕生を見込んだとしても、あまりにも
 気の早い話だ。

(中略)

 9月24日、麻生首相が誕生した。
 だが、解散を打つ気配はない。それもそのはず、麻生首相はただの一度も解散日について言及
 したことはない。繰り返すが、ただの一度もだ。
 困り果てた新聞・テレビの政治部は、「解散」の流れを止めないために、再び「先送り」論を
 展開する。
 〈11月2日投開票 衆院選 首相意向〉(読売新聞/9月25日)
 まったくもって麻生首相が気の毒に思えてくる。決めてもいない解散日程を勝手に作られた挙句、
 今度は勝手に「先送り」されるのであるから。
 なんのことはない、マスコミは自分たちで捏造した「解散日」を勝手に動かして、麻生首相の解散への
 意欲がぶれている、と言っているだけなのだ。

ダイヤモンド・オンライン


 実にもっともな話で、要は解散総選挙して欲しい勢力がマスコミに働きかけて総選挙を行うように世論の誘導を行った結果が現在の状況である――と思われます。、
 少なくとも、テレビ映像で麻生首相が「解散総選挙します」と明言するシーンは見たことがないですね。
 今、自民党はやらなければいけないことが多くあるのに、そんな解散総選挙している暇はないでしょう。
 マスコミの誤報道や嘘報道ほど質の悪いモノはないですが、こういうことがある度にそれを罰する法律を作るべきではないか、と思います。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。