2008年09月28日

日教組発言に間違いはない

 中山成彬国交相は色んな失言で引責辞任となりました。
 しかし、彼の失言のなかでも、少なくとも日教組に関するものはやはり間違いではなかったと思います。

日教組発言は「確信的」 辞表出しても強気変わらず '08/9/28



 日教組発言は「確信的」。二十八日午前、首相官邸で辞表提出後、東京・霞が関の国土交通省で記者会見した中山成彬国交相は「臨時国会で緊急経済対策をスムーズに審議してもらうため」と、目を泳がせながら辞任理由を説明後、日教組批判を強気な口調で繰り返した。

 辞任を決めた時期については言葉を濁したが、日教組の話題になると「政治家として撤回した考えはない」と滑らかな口調に急変。「がんの日教組をぶっ壊す」などとした二十七日の宮崎市での発言について「確信的にあえて申し上げた」と開き直った。

 妻の中山恭子首相補佐官からは二十七日夜、辞任について「仕方がないわね」と声を掛けられたという。辞表を受け取った麻生太郎首相からは、一言「残念だ」とだけ告げられたと明かした。

中国新聞


 日教組について語り出せば長くなってしまいますが、今の日本にとって、ガンであることは確かでしょう。
 似たような意見の政治家も居ます。

 我が国には言論の自由が大臣に限っては存在しないようです。

  成田反対派住民は「ゴネ得」

 日教祖は日本教育の「ガン」


 何が問題発言なのか? さっぱり理解できません。

 これが世の中の顰蹙(ひんしゅく)をかうよな発言だったとは思えない。マスコミが民主党支援で演出したに過ぎません。

 当然のことを言ったまでで、大臣を辞めなければならないほどの発言だとは誰も思わない。しかし、この発言がマスコミ的には許されないらしい。

 連日、マスコミに叩かれ野党も便乗して、ついに今回の事態にまで追い詰められてしまいました。これまで歴史認識で韓国・中国から批判され、辞任に追い込まれた大臣は数多くいましたが、今回のようなケースは珍しい。

 所謂失言でもなけれ、放言でもない。ましてや無責任な発言などでもない。一体、どこに責任を問われるような箇所があるというのでしょうか。

 「ゴネ得」発言ですが、結果的にそうなっており、何の間違いもない。確かに成田空港の場所の選定などに強引なところは見られた。しかし、あそこまで混乱を長引かせた責任は旧社会党にもあった。

 極左暴力集団と一緒になって、一坪運動などで邪魔をしてきたことは明らかで、そのような結果「ゴネ得」と見られても仕方のない地主もあったことは事実です。

 日教組は「がん」発言に至っては、何が問題なのか?
 正しいことを堂々と発言しているだけで、何ら批判される所はないと思います。日教組が力を持つ地域の生徒の学力が落ちているのも事実です。

 中山大臣は余りにも正直過ぎた。ストレートに言いすぎたのかも知れない。しかし、これまでのような<ふやけた言葉>で発言しても、何の効果もないと知っていたのでしょう。

 あえて、一石を投じて見せたのではないか。

 そうすることによって、反日勢力との対決をより鮮明に打ち出すことを狙ったとしたら、批判されるどころか賞賛に値する発言であった思います。

 こうなった以上、中山大臣は新生自民党の顔として、選挙でもこの問題を全国民に飛び回って訴えたらよろしいと思います。

 遠慮しないで反日マスコミ、日教組、極左暴力破壊集団を徹底的に糾弾してこそ、今回の敵討ちがなるというものでしょう。

維新政党・新風 副代表 瀬戸弘幸氏のブログより


 正しいことを発言したのに何故辞めなければならないのか、本当にさっぱりです。
 例えば、日教組の前代表は尊敬する人は誰か、と聞かれたら北朝鮮の金総書記と答えていたそうです。


(前略)
<<北を賛美する日教組>>
 しかし拉致は我が国が国家の機能を備えていなかったからこそ起き、解決できないでいた問題である。拉致問題は当然、人々に国家を意識させる。だから取り上げたくないということのようなのだ。
 加えて教育現場や教育行政に依然として大きな影響力を持つ教職員組合が拉致の“犯人”と友好関係にあるという背景もある。例えば日教組の元委員長・槙枝元文氏は昨年二月の「金正日総書記誕生六〇周年祝賀」に「わたしは訪朝して以降、『世界のなかで尊敬する人は誰ですか』と聞かれると、真っ先に金日成主席の名前をあげることにしています。(中略)主席に直接お会いして、朝鮮人民が心から敬愛し、父とあおぐにふさわしい人であることを確信したからでした」(『キムイルソン主義研究』第百号)との文章を寄せている。
(後略)

日本財団図書館より


 この証言だけでも、大分日教組の姿が見えてくると思います。まあ、昔のトップがこういうだけで、その組織全てを決めるのは間違いですが、例をあげだしたらきりがありません。

 例えば、こちらのサイトなどに色々とまとめられています。

>日教組問題のまとめ

 その他、「日教組」で検索すれば色んなものが出てくるでしょう。
 なにはともあれ、哲学さん個人としては、日教組はやはり、なくすべきだと思います。
 そして、そう言う発言した中山成彬元国交相は決して間違いではなかったと思います。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。