2008年09月14日

中国の潜水艦が日本の領海内に

 日本の潜水艦が日本の領海内にきたことについて、日本政府は大慌てです。

中国潜水艦の可能性=海自の能力見直しを-「官邸への連絡遅い」・識者指摘



 高知県沖の領海内を航行した国籍不明の潜水艦について、専門家は中国軍の可能性を指摘。事前に察知できなかった海上自衛隊の能力に疑問を投げ掛けた。
 軍事アナリストの小川和久氏は「こういうことをするのは中国海軍」と指摘。狙いに関し「中国共産党指導部への何らかの主張が考えられる。福田政権が脳死状態かどうか、三連休の真ん中にぶつけてチェックした可能性もある」と話す。
 領海内に入られるまで察知できなかった海自には「潜水艦を探知、追尾する能力は米国に次ぐとされ、日本列島周辺に対潜水艦網を築いているが、突破されたのは深刻。能力を回復する必要がある」とした。
 潜望鏡の確認から官邸への連絡まで約1時間半かかった点も問題とし、「発見と同時に情報共有すべきだ。戦争ならとっくに攻撃されている。(首相への連絡の遅れが問題となったイージス艦)あたごの事故の反省が生かされていない」と述べた。
 防衛省防衛研究所の元研究室長平松茂雄氏も「領海内に入られたのは、お粗末。事前に察知できず、追尾もできなかったとすれば問題。たるんでいるとしかいいようがない」と批判する。
 「日本の周辺海域は中国の潜水艦がどこにいてもおかしくない」とした上で、「中国の潜水艦は音が大きく探知しやすいといわれてきたが、能力が上がってきている。海自の探知能力を試したのかもしれない」と話した。(了)
小川和久(おがわ・かずひさ)、平松茂雄(ひらまつ・しげお)
(2008/09/14-21:08) 時事ドットコム


 中国政府は日本の防衛がどれくらいなのか確認するために近寄ったのではないか、と専門家は語っているそうです。
 しかし、防衛網が突破されたのは百歩譲っても仕方ないとしても、その報告がすごく遅れたのは大問題です。その一時間の遅れの間に、民間人がどれだけ犠牲が出るか分かりません。
 無防備ならば向こうは襲ってこないと言う主張の人達もいますが、私はそんなことはないと思います。きちんと、自分の家は自分で守れるような国家であってほしいと思います。

タグ :国際中国

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

この記事へのコメント
なぜ潜水艦を取り逃したんでしょうか。

次はこういうことがあれば攻撃し撃退してほしいです。
しかし日本人の中には攻撃は駄目だとか言うおかしな連中も
いそうですね。
Posted by 公務員試験プロジェクト at 2008年09月15日 01:21
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。