2008年09月13日

アメリカと中国で北朝鮮崩壊の皮算用

 アメリカと中国は北朝鮮が崩壊した時の対策を話し合ったそうです。

中国と不測の事態を協議 米政府当局者 金総書記の重病説受け FOXテレビ


2008.9.12 19:56

 【ワシントン=有元隆志】米FOXテレビは11日、米政府高官らの話として、北朝鮮の金正日総書記の重病説を受けて、米国と中国が内部の混乱や体制崩壊が起きた場合の対応について協議を開始した、と伝えた。米国は韓国との間でも、有事の際の共同対応計画に関する交渉を進める見込みだ。金総書記の容体は安定に向かっているとの見方が強まっているものの、急変することも想定されるだけに、緊急事態をにらんだ各国の動きも活発化しそうだ。

 北朝鮮情勢に詳しい複数の情報筋が産経新聞に語ったところでは、金総書記は8月下旬に病気になり、中国から2回にわたり血管治療の専門家などの医師団が派遣された。当初、病状は深刻と受け止められたが、手術の結果、安定に向かっており、意識も回復しているという。ただ、簡単に起き上がれる状態ではないとみられている。

 米政府高官らはFOXテレビに対し、金総書記が死に直面しているわけではないものの、麻痺(まひ)など見た目にわかる後遺症が出ている可能性を指摘した。ある当局者は回復に向かいつつあるという韓国からの情報について、「そうは思っていない」と語った。

 米政府は今のところ、大混乱が起きるような兆候はみられないとしているが、権力の移行が円滑に進むとはみていないという。当局者の1人は「北朝鮮には核問題があるということを考えれば、(不測の事態に関する)話し合いを中国側としないことのほうが無責任だ」と強調した。同当局者によると、中国は北朝鮮との関係もあり、こうした話し合いを公にしたがっていないという。


 6カ国協議の米首席代表、ヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は6日に北京で中国の武大偉外務次官と会談した。この中で、金総書記の病状や今後の対応について話し合われた可能性がある。

 米政府は韓国とも、10月にも開催される国防相会談で緊急事態を想定した米韓共同対応計画「概念計画5029」を議論する見込みだ。北朝鮮への融和政策を進めていた盧武鉉前政権下では、共同対応の具体化は見送られていた。

 米中央情報局(CIA)分析官だった米シンクタンク、ヘリテージ財団のブルース・クリングナー上級研究員は11日に発表した論文で、北朝鮮の体制崩壊への対応を整えるためにも、ブッシュ米政権が韓国側に対し「概念計画5029」をめぐる交渉を早期に妥結するよう働きかける必要性があると指摘した。

              ◇

■概念計画5029

 1999年、金大中政権下で作成された北朝鮮有事の際の米韓共同対応の指針。反乱軍に奪取されて北朝鮮政権が核兵器などの統制力を失った場合、クーデターや内戦が発生した場合など、5つのシナリオについて概念的な対応策がまとめられている。


 もはや、北朝鮮の金総書記が「重病らしい」と言うことは暗黙の了解になっており、それを前提に色々と対策が進められているようです。
 金総書記がいなくなれば、国そのものが崩壊する危険性は多分に含まれます。独裁政権下で何よりも難しいのは「権力の委譲」で、これが上手く行かなければ後継者問題であっさりと国が滅びのは今までの歴史が証明しています。
 とらぬ狸の皮算用ですが、北朝鮮が崩壊する要因は今までも数多くあり、そして今回はその可能性がとても高いということを示していると思います。また、こうやってアメリカや中国が動くことにより、北朝鮮と関係を持つ各国の牽制にもなっているのでしょう。
 北朝鮮の不安定性が周りに強調されれば、北朝鮮から武器を買っている国やゲリラ達も色々なことに慎重にならざるを得ません。
 そうすると、中東やアフガニスタンのゲリラ達の活動も縮小傾向になるかもしれません。逆に、新しい別の国がゲリラ達に武器を売るようになるかもしれません。そうなった時、自衛隊の派遣先なども代わってくるかも知れません。
 また、崩壊のどさくさに紛れて色んな人間が韓国や日本へ越境してくる可能性もあります。
 少なくとも、何かあった時の北朝鮮崩壊時のガイドラインくらいは政府は立てておくべきでしょう。アメリカと中国は目に見える形で動いていますが、果たして日本はどうなのか――。
 下手をすれば、来年には日本に北朝鮮からの難民が大挙して押し寄せてくる可能性だってある訳です。(それを追い返しても、受け入れても他の国から批判を受けてしまうのが難民の恐ろしい所ですね)
 まあ、最悪の状況ばかり考えてもしかたないのですけれど、政府にはそうした事態にも動じない首脳陣が居て欲しいと思います。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。