2008年08月31日

北の女スパイは朝鮮総連の参加の組織の幹部に会う予定だった

 来たの女スパイは日本に来て朝鮮総連の傘下の組織の幹部に会う予定だったそうです。


北の女スパイ日本で暗躍、指令「総連傘下団体幹部に会え」


 【ソウル=前田泰広】脱北者を装ってスパイ活動をしていたとして韓国で逮捕・起訴された北朝鮮の女工作員、元正花(ウォンジョンファ)被告(34)が、北朝鮮の工作機関から日本で会うよう指示されていた人物の中に、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の傘下団体の幹部が含まれていた、と韓国検察当局が起訴状に記載していることがわかった。

 元被告は2007年6月~今年5月、3回にわたって来日し、長い時には2か月以上も滞在しており、日本でも情報収集活動をしていたことが明らかになった。

 起訴状によると、元被告に日本での工作活動を指示していたのは、北朝鮮の工作機関「国家安全保衛部」の「キム」と名乗る工作員。元被告は06年12月30日、中国遼寧省・丹東にある北朝鮮の貿易機関事務所に呼び出され、この工作員から「50歳代の女が北朝鮮の重要情報を入手し、(脱北して)日本に行った。どこに住んでいるのか調べろ」と命じられた、としている。

 工作資金として手渡されたのは現金5000ドル。この際、日本での調査を手伝ってくれる人物として日本国内に在住する2人の電話番号を教えられ、「彼らに会ったら私に電話をつなげ」と指示されたという。

 起訴状には、この2人の氏名も明記され、1人は朝鮮総連の傘下団体の幹部と同名で、もう1人は大阪在住の「社長」という肩書になっている。

 元被告が日本に入国したのは07年6月と同年8月、さらに今年5月の計3回。このうち07年6月と今年5月に来日した際には、大阪在住の「社長」に電話で「日本に来た。大阪に行くので待っていて下さい」などと連絡したが、起訴状によると実際には会えなかったという。元被告が傘下団体の幹部と連絡をとったかどうかには触れていない。

 これについて、傘下団体の幹部は読売新聞の取材に「朝鮮総連の関係団体の幹部で、同じ名前は自分しかいない」とした上で、「元被告と会ったこともないし、聞いたこともない。保衛部にも知り合いはおらず、全く関係がない。勝手に名前を使われたのだろう」と話している。

 さらに起訴状では、元被告が07年6月、日本の脱北者の居所を調べるため、川崎市内の「仲介人」の車で仙台市内を訪ねたとしている。

 この「仲介人」について韓国国家情報院などで作る合同捜査本部関係者は、読売新聞の取材に「日韓の国際結婚を世話する業者だ」と説明した。

 元被告は1998年、保衛部にスパイとして採用され01年10月に脱北者になりすまして韓国に潜伏。韓国軍幹部と交際しながらスパイ活動を続けていたが、今年7月15日、内偵捜査を続けていた合同捜査本部に国家保安法違反容疑で逮捕され、今月27日に起訴された。
2008年8月30日15時15分 読売新聞



 ちなみに、リンク先でその女スパイの顔が見れます。成る程、相変わらず男は美人に弱いのですねぇ。
 それはともかく、裁判が進めば北朝鮮が日本でどういう工作をしていたか分かるようになりそうです。
 とはいえ、韓国で行われてる裁判なので私達にはその内容をうかがい知ることは余り出来ないかも知れませんが。
 なんにせよ、男性諸氏は美人だからと言って簡単に騙されないように心がけて欲しい者です。

タグ :国際北朝鮮

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。