2008年08月18日

北京で反政府派に撒き餌?

 中国ではオリンピック中にデモは一度も起きていないそうです。

五輪期間中のデモ、申請77件 実施はゼロか 北京



北京(AP) 北京五輪の期間中、デモなどの抗議行動を特別に許可する会場として中国当局が指定していた公園3カ所について、当局は今月に入ってこれまでに、77件の実施申請を受理したと発表した。18日付の新華社電が伝えた。ただ、実際にデモが開かれるに至った形跡はない。

発表によると、申請の提出者は、外国人3人を含む149人。内容など詳細は公表されず、許可の下りたケースがあったかどうかも明らかでない。

中国当局は7月、五輪期間中のデモ開催について、メーン会場から遠く離れた公園3カ所を指定。希望者は予定日の5日前までに申請を出せば、2日前までに返答が得られることになっていた。五輪治安担当者によれば、抗議行動は「国家、社会、集団の利益を損なわない」ことが条件とされた。

今月8日の五輪開幕以来、北京では、「チベット解放」を訴える横断幕を掲げた外国人が送還されるなどの騒ぎが発生したが、指定会場でのデモなどは確認されていない。

人権団体などによると、デモ実施の申請者が後日、治安当局に連行されたとの報告もあり、「当局は申請制度を反体制派の取り締まりに利用しているのでは」との疑念も浮上している。

CNN


 要は、中国政府は「うちは悪い国じゃないのできちんと申請すればデモを起こしてもいいですよ」と周りに宣伝した。
 で、宣伝の通りに「デモさせてください」と言ってきた人間を中国政府は片っ端から逮捕しているのではないか――という疑惑がある訳です。
 これは考えるまでもなく酷い話です。
 それが法治国家のやることかと。
 まだ疑惑でしかなく、これはアメリカの報道なので正しいのかも分かりませんが、でも、中国ならば充分ありえると思えるところが恐ろしいです。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。