2008年08月16日

増大するロシア

 ロシアが最近大きく力をつけています。

グルジアめぐり“新冷戦”の様相 米露の溝深まる


 【モスクワ=佐藤貴生】グルジア紛争の解決に向けた国際社会の調停が本格化する一方で、旧ソ連諸国・地域をめぐって米露双方が自らの影響圏の確保を目指す動きが鮮明になりつつある。これを受け、米露の溝は深まっており、「新冷戦」(米FOXテレビ)との表現も欧米メディアで登場しはじめた。

 インタファクス通信などによると、親欧米派のユシチェンコ・ウクライナ大統領は14日までに、自国領であるセバストポリの基地を使用するロシア黒海艦隊の動きを監視するなどとした大統領令に署名した。

 同基地を出入りするロシアの艦船や航空機は72時間前までにウクライナ側に人員規模などを届け出、許可を得なくてはならないとしている。これに対し、ロシアでは「法的根拠がない」(軍参謀本部)などと反発が強まっている。

 ロシアは、グルジアとの紛争で、同国近海に黒海艦隊のミサイル巡洋艦などを派遣、事実上の海上封鎖に乗り出してグルジア軍に圧力をかけた。ユシチェンコ大統領は14日、ブッシュ米大統領との電話会談で、グルジア支援での連携を確認するなど協調関係を強めており、今回の措置はウクライナの“対米支援”の一環といえる。

 また、これに先立つ12日夜には、グルジアの首都トビリシにユシチェンコ大統領のほか、バルト諸国など5カ国の大統領や首相が駆けつけ、サーカシビリ大統領とグルジア国民への連帯を表明した。エストニアのイルベス大統領は集会で、「グルジアは孤立してはいない。すべての文明国がついている」と述べた。

 対するロシアは15日、グルジアからの独立を宣言し紛争となった親露独立派の南オセチア、アブハジア両地域の外相をモスクワに招き、グルジアからの独立に向けた方策を練る予定だ。

 ロシアのメドべージェフ大統領は14日、両地域の大統領とクレムリンで会談、「(両地域の)あらゆる決定を支持する」とのお墨付きを与え、グルジアからの独立を暗に支持する姿勢を示した。

ロシアからみれば、欧米による国際調停で手足が縛られるまでに、可能な限り両地域の独立に向けた動きを確実にしておく狙いがうかがえる。15日発表された世論調査でも、ロシア人の約80%が「南オセチアがグルジアに属することを望まない」と回答するなど、政権の方針を大半が支持する事態となっている。

MSN産経ニュース


 ロシアがグルジアを攻めても、決定的な行動はせず、みんな話し合いでなんとかしようという動きです。イラクのように即座に制裁行動に移ったりしていません。
 まあ、裏では、ポーランドがロシアに対してアメリカからの迎撃ミサイル(MD)の設置を受け入れたりしていますが。(MSN産経ニュースより)

 そもそもの戦争の善悪はおいておいて、ロシアの行為がここまで放置されているのはある種の異常事態です。
 これは、それだけロシアが力をつけている証左でもあり、アメリカがそれだけ力を落としている証でもあります。
 そもそも、EUの電気やガスの30%はロシアからの輸入に依存しています。
 その為、ドイツなどはロシアに頭が上がりません。
 事実上、EUはロシアに頭を押さえつけられたようなものです。
 そして、アメリカは中東に兵力を割いているので北朝鮮や中国を野放図にしている状態です。
 上のニュースでは欧米とロシアの冷戦が再び始まるのではないか、という論調ですが、現状はそれ以上にロシアに有利です。
 北京オリンピック後の世界の力関係は、たぶん今の私達が想像する以上に厳しい世界になりそうです。
 私達はそれを認識しつつ、世界に向き合わないといけないでしょう。

タグ :国際ロシア

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。