2008年07月23日

進まない竹島問題

 ASEAN会議で日本と韓国の外相が隣り合わせになり、話し合ったそうです。

ASEANプラス3:6カ国協議を支持 北朝鮮早期非核化で一致



 【シンガポール鵜塚健】東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)外相会議が22日、シンガポールで開かれた。6カ国協議を支持し、北朝鮮の核申告の検証を通じて早期の非核化を実現させる必要性で一致。核申告や核施設の無能力化について、北朝鮮の核放棄に向けた前向きの動きとして歓迎した。

 高村正彦外相は会談で「北朝鮮の完全な非核化と核放棄、拉致問題を通じた日朝関係の進展が重要だ」と述べ、北朝鮮と合意した拉致問題の再調査が実現していないことを踏まえ、拉致問題解決に向け各国の支援を要請した。23日に6カ国協議の非公式外相会合が開かれるのを前に、ASEAN諸国に理解を求め、会合へのはずみとする狙いがある。

 また、各国に深刻な影響を与えている食糧・原油高騰についても対応を協議し、連携して対処することで一致した。貧困対策や食糧安全保障など幅広い分野で、ASEANの活動を支援する基金を創設することでも合意。基金の規模は約3億円で、ASEAN諸国が1割、残りを日中韓で均等に負担する。

 今回のシンガポールでのASEAN関連会合では、竹島問題が新学習指導要領解説書に明記されたことを理由に日韓外相会談は見送られたが、問題浮上後初めてこの日、日韓の外相が顔を合わせた。

 高村外相は会談後に「短時間だが、(竹島問題を含む)きわめて有意義な意見交換ができた」と述べたが、外務省は内容について明らかにしなかった。

毎日新聞 2008年7月23日 東京朝刊


日韓外相が接触 竹島問題打開策を協議



2008年7月23日 朝刊

 【シンガポール=西川裕二】高村正彦外相は22日午後、シンガポール市内のホテルで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓3カ国外相会議などの会場で、韓国の柳明桓(ユミョンファン)外交通商相と短時間接触し、話し合った。高村氏が記者団に明らかにした。

 両外相は、日本政府が中学校社会科の新学習指導要領解説書で竹島(韓国名・独島)の領有権に言及したことに韓国側が反発している問題で、打開策などを話し合った。高村氏は、具体的な内容を明らかにしなかったが「短時間で極めて有意義な意見交換ができた」と強調した。ただ韓国側は「接触はなかった」(協議筋)として日韓外相による意見交換を否定している。
中日新聞


 日本と韓国の行き違いは隣に座って話し合いをしたことすら否定しないといけないくらいに申告とも言えます。
 まあ、今回の会合は竹島問題とは関係のない席でしたから、進展をしなくて当然ですが……はたしてこんな調子でこの後も折り合いが付けられるのか心配です。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。