2008年06月26日

チベットが外国人に開放

 今まで外国人を立ち入り禁止にしていたチベットが解放されたようです。

チベット、25日から外国人観光客受け入れ再開=新華社


2008年 06月 25日 12:09 JST
 [北京 24日 ロイター] 3月に発生した暴動を受けて外国人観光客の立ち入りが禁止されていた中国・チベット自治区が、25日から外国人観光客の受け入れを再開する。新華社が24日伝えた。

 現地の観光当局者は新華社に対し、同自治区のラサで先週末行われた北京五輪の聖火リレーが無事に実施されたことで、外国人を受け入れるに十分な安全性が示されたと説明。「チベットは安全。国内外からの訪問者を歓迎する」と述べた。

 国内観光客による同自治区への立ち入りは4月23日に再開されており、香港とマカオ、台湾からの観光客は5月1日から受け入れている。
ロイター


 やっとラサに外国人が入れるようになりました。実に三ヶ月近くぶりです。
 結局世界の関心が離れた今ならば大丈夫だろう、と言う感じがします。色んな証拠とかも隠蔽された後でしょうし。
 取りあえず、少しでも以前何が起きたかが第三者の視点で調査されることを願うばかりです。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。