2008年06月08日

日本に一千万人の移民受け入れ?

 自民党がとてつもない法案を提出するようです。

移民、1000万人受け入れ提言…自民議連案


 自民党の「外国人材交流推進議員連盟」(会長=中川秀直・元幹事長)がまとめた日本の移民政策に関する提言案が7日、明らかになった。

 人口減少社会において国力を伸ばすには、移民を大幅に受け入れる必要があるとし、「日本の総人口の10%(約1000万人)を移民が占める『多民族共生国家』を今後50年間で目指す」と明記した

 週明けの会合で正式に取りまとめ、福田首相に提案する。

 1000万人規模の移民は、現在、永住資格を持つ一般・特別永住者(87万人)の約12倍にあたる。

 案では、これら移民と共生する「移民国家」の理念などを定めた「移民法」の制定や「移民庁」の設置を提言。地方自治体に外国人住民基本台帳制度を導入し、在日外国人に行政サービスを提供しやすい態勢を整えることなども盛り込んだ

 入国後10年以上としている永住許可を「7年」に緩和するよう求めたほか、年齢や素行など様々な要件を課している帰化制度も、「原則として入国後10年」で日本国籍を取得できるように改めるべきだとした。
(2008年6月8日10時38分 読売新聞)


 少子化を解決できないなら、他からもってこい……つまりはそういうことですね。
 日本国内からすれば、不景気がずっと続いており、不満の多い国かもしれませんが、他の国からすればとても豊かな国に見えたりします。餓死者も少なく、殺害される確率も少なく、日本ほど安全で暮らしやすい場所はなかなかありません。
 しかしこれって、少し穿った考え方をすると――北朝鮮の崩壊でも見越しているのでしょうか。
 隣国で一番崩壊しそうな国は、ぱっと思いつく限り北朝鮮です。
 もし、北朝鮮が崩壊した場合、大量の難民が周辺各国に出てくる可能性があります。
 中国や韓国が北朝鮮からの難民を受け入れなければ、必然的に日本に流れてくることになります。

 ま、やっぱりそんなのは妄想の域を出ない話ですが。
 しかしまぁ、移民を受け入れるにしても、受け入れるだけの度量が果たして日本にあるかどうか色々と考えさせられる話です。
 ……でも、閉鎖的な日本人は外人がぞろぞろやってくる日常に耐えられないんじゃないかなぁ。
 

タグ :政治考察

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

この記事へのコメント
違いますよ。
数の上で考えて、中国人。。というか、

チベット人皆殺し作戦展開中の中国共産党人民の受け入れを

意味しています。これが実施されると、日本は亡国への

一歩を踏み出します。

これから盛んに移民万歳の宣伝がテレビや雑誌で起こると思いま

す。

通りすがりのコメントですが、ぜひ一度移民について考えて見てく

ださいませ。
Posted by もも at 2008年06月09日 00:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。