2008年05月18日

四川大地震の援助を巡り揺れる日中

 相変わらず、四川省で起きた大地震において、日本に感謝する声は多いようです。

中国の対日感情が好転 国際緊急援助隊の派遣で


5月17日19時50分配信 産経新聞


 【北京=福島香織】四川大地震の被災地に日本の国際緊急援助隊が派遣されたことで、中国での対日世論が改善している。重慶の日本総領事館には市民のお礼の電話が寄せられ、ネット上では愛国主義青年の書き込みの中に「感謝」の文字が躍る。中国各紙も好意的報道しており、日本の経験に学ぶよう呼びかける論評も少なくない。

 重慶市の日本総領事館によると16日に湖南省の30代の男性から電話があった。涙声で、「祖父から日本軍の蛮行を聞かされ日本が大嫌いだったが、今回の件で日本に対する嫌悪感が感謝と尊敬の念に変わった」と感謝したという。

 インターネットの掲示板などにも親日的な書き込みが相次いでいる。日本の援助隊は17日朝、母子2人の遺体を搬出したが、その際、整列し黙祷(もくとう)をささげている様子が新華社の電子版などで流された。これに対し、普段は反日的な書き込みであふれる憤青(フンチン、愛国主義青年)の言論サイト「強国論壇」には、「日本人民は非常に礼儀正しい。日本の救助隊はプロフェッショナルで、規律正しい」「中国人は日本人の質(人格)を学ぶべきだ」といった賛辞が寄せられた。

 同じく憤青御用達の「中華ネット」でも、日本の援助隊による夜を徹しての手作業での母子救出劇について「ありがとう!中国人民は彼らを絶対忘れない」「以前の嫌悪をすて、ともに“家庭”を作ろう」といった感謝の書き込みが集まった。「日本の姑息な手段だ」といった反日に徹する書き込みもあるが少数派だ

 また国営新華社通信は17日、「日本人が蓄積した豊富な地震との闘争の経験を学ぼう」と呼びかける論評を出した。小学校では定期的に避難訓練が行われ、主婦は地震発生時に火の元を締め窓を開け、防災ザックを常備しているなど、日本人の防災意識の高さを紹介している。

 中国では長年の歴史問題に続き、中国製冷凍ギョーザ中毒事件、チベット事件をめぐる日本側との立場の対立で、反日感情が根強い。そのような中、中国人は今回、一斉に姿勢や意識の転換を見せた。

 胡錦濤国家主席の訪日報道を通じて、国民に日本重視路線のメッセージを訴え続けていたことに加え、日本世論が中国に極めて同情的なことや、日系企業が外資企業の中でいち早く義援金を表明したことなどがネットなどを媒体として比較的正確に早く伝わったことが背景にあるとみられる。



 この感謝の声には勿論、日本の援助を喜んでいる人もいるのでしょうけれど、やはり政府が親日路線を誘導してるのもひとつの要因でしょう。あんまりこういう見方をするとひねくれている、と言われるかも知れませんが、今までだと内心そう言うことを思っていても、「売国奴」と言われるので公の場では中々口に出来ませんでした。
 まあ、朝日新聞によれば、反対的な声は決して少なくないようですが。

日本援助隊に中国「熱烈感謝」 ネットには冷たい意見も



2008年05月17日06時35分

 日本の援助隊が被災地で活動を始めたことについて、四川省政府関係者は「隣国の助けは心からうれしい。友好関係を感じるし、中国の救助隊は大きな地震を知らず、経験も少ない。日本の隊には、がれきの下にいる人から1人でも多く助けて欲しい」と期待を込めた。

 青川で中国側の救助活動の指揮をとる幹部も「日本の援助隊は動きも俊敏で、よく頑張ってくれている」と評価。「ただ、大きな建物が全壊していることもあり、限界があるかもしれない」と現場の悲惨さを嘆いた。

 中国のインターネット上では、日本の援助隊について「中日友好! 生存の希望が出てきたぞ」「歴史の一点でとどまらず、力強い援助に感謝しよう」「災害救助の技術は高いはず。これを機に見習うべきだ」などと感謝する書き込みが急増している。

 その一方で「十数人が来たところで、どれほどの力になってくれるのか」「廃虚の中に秘密の書類があったらどうするんだ。災害時でも機密書類が漏れないように注意することだ」といった冷ややかな意見もみられる。

アサヒ・ドットコム


 また、日本の他にも各国や中国スターからも義援金が出ています。

義援金めぐり大騒ぎ!?ジャッキーは1億5000万円


 四川大地震で、中国出身のスターらが続々と復興支援に名乗りを上げたが、その義援金の額をめぐって中国内では多いの少ないのとヘンに取りざたされている。

 地震発生の12日、北京でCM撮影中だったジャッキー・チェン(54)はTVで知って、すぐに義援金1000万元(約1億5000万円)をポンと寄付した。ただし、これは親交のある有名ホテルチェーンのオーナーとの連名という。 

 これを知って香港スターはジェット・リー(45)が100万元(約1500万円)の寄付を発表したのを皮切りに、アンディ・ラウ(46)、女優のチャン・ツィイー(29)らも相次いで名乗りを上げた。

 金額は明らかにしていないが、ランクによってそれぞれ50万元、30万元とみられる。

 さらにスポーツ界でもプロバスケの姚明(27)も50万元、陸上110メートルハードルの金メダリストの劉翔(24)もコーチと合わせて20万元を寄付。

 ところが姚明はNBAで巨額の年俸を取りながら50万元は少ないと批判されたのか、慌てて150万元を追加している。

【2008年5月15日掲載】

livedoorニュース


 まあ、その額が少なすぎるとかで批判するのは間違いですが。
 ただ、このお金がちゃんと使われるかやはり心配です。
 実際に中国には前例があります。
 昔、水害があった時、みんなが出した義援金の90%を国の役所が使い込んだことがあります。(47ニュースより)
 日本の支援物資や義援金がちゃんと使われて欲しいと思います。
 ちなみに、この地震でどれくらいの損害が出ているかというと以下の通りらしいです。

 【北京=福島香織】犠牲者5万人を超えるともいわれる四川大地震が中国に与えた直接的経済損失が1900億元にのぼる可能性がでてきた。新華社系列の新華報業ネットが重慶市の西南証券の分析として伝えた。今年初めの雪害による直接的経済損失は1111億元でそれ以上の規模になるのはほぼ確実だ。震災被害は第2~第4四半期の経済成長率を0・15~0・2㌽引き下げるとみられている。

 分析によると、直接的経済損失は1050億元から1900億元のあいだと推計。うち人的損失、不動産など財産の損失は750億~1300億元にのぼると見られる。そのほか、企業が1~3カ月の間、生産停止、あるいは生産半停止になり、生産減による損失が300億~600億元にのぼるという。

 ただ損失は四川省内に集中しており、一部専門家によれば「再建の投資機会も今後あり、生産を刺激し、投資を牽引する」との見方も示されている。

 一方、四川・重慶は全国の耕地面積の8・2%を占め、06年の穀物輸出の9・2%を支える農業地域。養豚も主要産業であり、食品物価は間違いなく上昇するとみられている。中国ではすでにインフレ圧が高まっており4月の消費者物価指数(CPI)上昇率は8・5%で食品物価の上昇率は22・1%。経済観察報は「地震が農業生産量に打撃を与えたうえ、被災者の大量の食品、日用品の需要がインフレへの新たな圧力になる」と警告。中信証券は「震災により豚肉の供給が短期的には半分に減少する」と予測している。

 また被災地復興が本格化すれば建材、コンクリートの原価が高騰、消費者の不動産購入意欲がそがれるため、これまでバブル気味だった不動産価格が一気に崩れる可能性が指摘されている。南方都市報は全国の不動産価格が短期的に35%前後下がる、という開発業者の予測を紹介している。

北京趣聞博客 (ぺきんこねたぶろぐ)』より抜粋


 沢山の人と物が犠牲となる大災害です。
 これで、中国政府がしっかりと対策をしなければ、本当に大変なことになるでしょう。
 けれど、出来うる限り、多くの人が救われることを願うばかりです。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。