2008年04月30日

聖火リレーはいよいよ中国へ

 さて、いよいよ中国以外の全ての聖火リレーが終了しました。

2008/04/29-23:37 ベトナムで聖火リレー=混乱なし、ハノイで抗議者拘束も


 【バンコク29日時事】北京五輪の聖火リレーが29日夜、ベトナム最大の都市ホーチミンで行われた。治安当局は、チベット問題などへの抗議活動に備え厳戒態勢を敷いたが、大きな混乱はなかった。
 リレーはホーチミン中心部の市民劇場(オペラハウス)から第7軍区競技場までの10キロ余りのコースで行われ、60人が参加。リレー開始直前まで、詳しいコースは明らかにされなかったが、出発地点の市民劇場周辺には聖火を歓迎する中国国旗を持った多くの人が集まった。
 ベトナムで五輪の聖火リレーが行われるのは初めて。中国以外で行われる北京五輪聖火リレーはベトナムが最後で、聖火は香港に向かう。
 治安当局はこの日、首都ハノイで五輪の輪を手錠にさしかえた横幕を持っていた数人を拘束するなど、五輪への抗議活動を取り締まった。 (了)
時事ドットコム


 また混乱はなかった、という表現ですが、横断幕を持っていただけで拘束されるくらいの厳戒体制下だったのならば仕方のない事だったのかも知れません。
 色々と波乱が多い聖火リレーでしたが、いよいよ中国本土を走り回ることになります。
 が、未だにこれまでにあった聖火リレーの波紋は広がっています。
 長野で福原愛選手の時に飛び出して逮捕された台湾籍のチベット人2世を釈放しろと台湾でデモがありました。

聖火リレー 台北で亡命チベット人の釈放要求デモ


 台湾のチベット支援団体のメンバーら40人以上が30日、台北市内にある日本の在台代表機関に相当する交流協会前で、北京五輪聖火リレーで長野県警に逮捕・送検された台湾在住の亡命チベット人の釈放を求め、抗議デモを行った。

 亡命チベット人は長野市内で26日、卓球の福原愛さんら聖火ランナーの列に飛び込んだタシィ・ツゥリン容疑者。

 交流協会側に手渡された声明では、タシィ容疑者の行動は「平和な非暴力行為である」とし、拘置延長を決めた警察当局の対応に不満を表明した。(台北 長谷川周人)
産経ニュース


 このように長野聖火リレーも外交問題になりつつあります。
 また、韓国での聖火リレーで暴行事件がありました。

韓国で反中感情拡大 聖火リレー暴行事件


 ソウルで27日に北京五輪の聖火リレーが行われた際、リレーに反対する市民団体などが中国人留学生らの暴行を受けた問題で、韓国内で留学生や中国への反感が高まっている。韓国政府に対しても、中国に過剰な配慮をしているとの非難が噴出。韓昇洙首相が29日に「傷ついた国民の自尊心を回復する措置を取る」と表明、暴行加担者の強制退去方針を決めるなど、火消しに追われている。

 数千人の中国人留学生の一部が、北朝鮮脱出住民(脱北者)を送還する中国の政策に反対する脱北者支援団体の会員らを次々襲った。圧倒的な数の違いから中国人による一方的な暴行だったが、韓国メディアは当日「衝突」と位置付け、比較的地味な扱いで報じた。

 しかし同日夜、中国人数百人がチベット問題の解決を訴えた韓国人数人と警察官を追い詰め「殺せ」と叫びながら棒で殴る映像がインターネットで広まると、留学生や中韓両政府を非難する世論が一気に拡大。

 新聞各紙は29日に「中国による韓国への無礼はこれが初めてではない」(中央日報)などと、以前からくすぶっていた反中感情ものぞかせる中国非難の社説を一斉に掲載。ネットには留学生のものとされる名簿まで公開されている。

 外交通商省は28日に駐中国大使に遺憾の意を伝えたが、同省当局者は会見で韓国人記者から「外交措置はそれだけか」と批判にさらされた。(ソウル 共同)
フジサンケイ ビジネスi


 脱北者を支援する団体を中国人留学生が一方的に暴行し、それが問題となっているようです。
 これに対して中国政府の反応は以下の通り。

中国外務省「善良な中国人留学生が聖火妨害に憤怒した」


中国外務省の姜瑜副報道局長は、29日「チベット独立分子の破壊活動(中国)と中国人留学生(ソウル)の暴力事件は異なる」と強調した。

姜副報道局長は同日の定例会見で、英BBCテレビの北京特派員から「中国政府は、韓国のソウルで行われた北京五輪の聖火リレーで暴力を行使した中国人留学生をなぜ批判しないのか」と質問された後、このように答弁した。これにより、中国人留学生の違法デモが韓中間の外交問題に発展する兆しを見せている。

同副報道局長は「中国人留学生は本来善良で友好的」だとし「聖火を妨害から守ろうとしたが、行動が過激になり、感情が高まって衝突が発生した」と強調した。別の特派員が「チベット騒乱に対しては(実定法を違反したとして)強く非難したのに、なぜ中国人留学生が韓国で行った違法デモについては非難しないのか」と再度尋ねたが、韓国の実定法を違反した中国人留学生が間違っているという発言は最後までしなかった。ただ同副報道局長は「聖火リレーの際に、負傷した警察と記者一部に対してはお見舞い申し上げるというのが中国政府の立場」と話していた。
中央日報


 あくまで聖火を守ろうとする思いが行きすぎただけで中国人留学生は何も悪くない、というのが中国政府の立場のようです。
 これに対し、韓国側も動きました。

2008/04/30-17:23 聖火騒動で中国大使告訴=暴力被害の韓国市民団体


 【ソウル30日時事】ソウルで27日に行われた北京五輪聖火リレーの際に中国人留学生らから暴力を受けた韓国の北朝鮮人権支援団体メンバーらが30日、中国の寧賦魁駐韓大使に対する告訴状を警察に提出した。中国大使館が留学生らを動員し、騒動の原因をつくったと主張している。
 韓国では騒動を受けて、中国に対する反感が広がりつつある。警察当局も監視カメラや報道映像などを通して、当時暴行に関与した中国人留学生の特定に力を注いでいる。
時事ドットコム


 北朝鮮人権支援団体が中国人留学生の膀胱は中国大使館が中国人留学生を動員したせいだ!と訴えることにしたそうです。証拠の映像は沢山あるので、裁判になれば中国側の不利は否めないでしょう。
 ただ、これを「中国大使館が動員したせい」とするかどうかで意見が分かれるので、そこが争点なるでしょうか。まあ、ここで中国大使館が「あくまで留学生がやったことで私達は知らない」と留学生達を足切りすればまた色々と別の方向へ事態は動くのでしょうけれど。
 なんにしても、5/2からは香港、マカオ、と中国を横断するようにリレーは始まります。
 その間にこれらの問題が解決し、チベット問題が無事に解決することを祈るばかりです。
 が。
 中国当局がやっとダライ・ラマ14世側と交渉を始めることにしたのに、それが中国国内で批判されているようです。

<チベット>中国政府は「売国奴」、ダライ・ラマとの会談発表で批判集中―ネット掲示板


2008年4月28日、中国政府がダライ・ラマの代理人と協議すると新華社が発表したことに対し、ネット掲示板では「ダライ・ラマと交渉したやつは売国奴だ」などと批判の声が上がっている。中国時報が伝えた。

3月14日のチベット暴動以来、中国政府とダライ・ラマ14世のチベット亡命政権は激しい批判合戦を繰り広げてきた。しかし、交渉は五輪前に国際的イメージを回復したい中国とチベットの回復に実利を得たい亡命政権の双方にとってメリットを持つもの。両者はタイミングを計っていると見られていた。

しかしチベット暴動、さらには海外での聖火リレー混乱を通じて民族主義的感情が激化しており、政府が対応を誤れば一気に政権批判へと傾く可能性もあるとみられる。ネット掲示板には「ダライ・ラマと交渉したやつは売国奴だ」などの過激な書き込みも登場している。また、27日には人民日報がコラムを発表、「ダライ・ラマ一党はチベット独立と中国分裂の意図を放棄したことはない」として、「独立の放棄」という交渉の大前提が確保されていないと評論した。一部関係筋には中国政府内部でも意見の分裂が見られるとの観測がある。

対話が支持者の批判を招きかねないのはチベット亡命政権も同じで、「中国政府の対話提案は海外からの批判をかわすためのポーズに過ぎない」との批判も上がっている。今後、中国政府とチベット亡命政権が対話を成功させるためには、両者間の協議以外に支持者の同意を取り付ける難しいかじ取りが要求される。(翻訳・編集/KT)

レコードチャイナ


 今まで散々「ダライ・ラマ14世は悪魔だ」と言っていたのに態度を変えて交渉すると言い出すのはおかしい、と中国国内で意見が分かれるようになったそうです。
 ここに来て中国国内のナショナリズムを煽っていたことが裏目に出そうです。
 果たしてこの騒動がどこに繋がっていくのか、チベット問題は解決するのか――事態は更なる混乱へと続きそうです。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。