2008年04月29日

最低の国日本?

 インターネット上で長野聖火リレーで酷い目にあったという日記のコピペが出回っています。

長野聖火リレーで中国人に殴られたとの日記


文● 吉川大郎/アスキーネタ帳編集部
2008年04月29日 05時00分更新
mixiにて、「世界最低の国、日本」という日記が話題を呼んでいます。

チベットの旗を持って長野聖火リレーに乗り込んだ日記筆者とその友達の実録です。

チベットの旗を持った人が聖火リレー付近から徹底的に排除されていたようすや、中国人と思われる人間から暴力を受けたようす(女の子が顔面を殴られ、日記作者が手を噛まれたとのこと)などが克明に書かれています。

真偽について確かめる術はありませんが、動画も載っており、テレビ報道では得られない情報を見ることができるのは確かです。また、その後付けられたコメントに対する作者の態度も、まことに真摯なものです。

日記作者は長野からの帰り際に「聖火リレーが無事終了した」という報道を読んで愕然とします。

あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。
(日記より抜粋)

日記は4月27日0時39分に掲載されていますが、28日の1時42分にはコメント数上限の200を突破。その後6つの日記が掲載され、現在もまじめな議論が進行中です。

mixi内の日記なのでリンクは貼りませんが、「世界最低の国、日本」でググれば、転載されたブログのほか、mixi内へのリンクも掲載されています。転載、リンクはOKとのこと。


 さて、実際にどんな日記だったかコピペを貼り付けておきたいと思います。

世界最低の国、日本

聖火リレー、行ってきました。

まず皆さんにお願い。

この日記を転載、リンクして頂いてかまいません。

動画3つまでしか載せれないため、

動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。

Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。

僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、

彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。

とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。

ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。

警察の言い分。

「危険だから」

じゃあ、何で中国人はいいんだ?

「......ご協力お願いします。」

は?

それやらせじゃん。

中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。

その時の抗議の様子

この後TBSの取材が来た。

チベットサポーターの1人が、

「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。

アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」

と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。

そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。


交差点で中国人と僕らが入り乱れた。

突然Mちゃんが顔面を殴られた。

僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。

「こいつ殴ったぞ!!」

警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。

警察と目が合った。

警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。

周りのチベットーサポーターが、

「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」

と言ったのに、

警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。

でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、

中国人が叩き落とした。

拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。

「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。

2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。

街中いたるところで抗議合戦。

救急車が来たり大騒ぎ。

僕らはひたすら抗議活動をした。

(動画あり)

雨が降ってきた。

それでも誰も抗議を辞めなかった。

中国人がかたまってる交差点を、

Tさんと旗を振りながら渡った。

沿道の中国人は蹴りを入れてくる。

とても沿道に入れず、車道を歩いていた。

警察が来て言った。

「早く沿道に入りなさい!!」

は?今入ったらボコられるじゃん。

なんで日本人の安全を守ってくれないの?

「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。

警察は「ご協力お願いします」と言った。

雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。

何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。

警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。

嘘だった。

ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。

聖火なんか、どこにもなかった。

目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。

こんな場所じゃ、声すら届かない。

数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。

国境無き記者団もこちら側に来させられていた。

代表がマスコミのインタビューに答えていた。

(裏から撮影した動画あり)

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、

土砂降りの中僕らは叫び続けた。

この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。

MちゃんもF君も泣いていた。

こんなのってあんまりだ。

せめて伝えて欲しいだけなのに。

この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。



チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。

涙が止まらなかった。

内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。

涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。

悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。

平和だ、人権だと騒ぐ割には、

中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。

警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。

「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」

「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。

この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、

僕らが受けた痛みは、

彼らの悲痛な叫びは、

どこに反映されたのだろう。

警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、

そこをマスコミは撮影し、

中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。

これが日本のやることか?

ここは本当に日本なのか?

中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。

チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、

僕は彼らに謝りたかった。

初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。

これが真実です。

僕は日本政府は中国以下だと思った。

弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。

そこには言論の自由はなかった。

歩行の自由すらなかった。

中国人を除いて。

追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。

報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。

動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。

マスコミの嘘つき。大嫌い。

FREE TIBET!!


 また逆に、中国人の方でもこの人相手ではありませんが、謝罪を求める文章が出ています。

「右翼分子は謝罪を」 負傷した中国人留学生の母


 28日付の中国紙、揚子晩報によると、26日に長野市で行われた北京五輪聖火リレーの際に頭を殴られ、負傷した江蘇省南京市出身の留学生の母親は同紙に対し「日本の右翼分子は息子と中国人民に謝罪してほしい」と述べた。

 この留学生が同紙に語ったところによると、聖火の到着を待っていた際、「右翼分子の一団」が隣にいた留学生の手から中国国旗を奪い、踏み付けた。奪い返そうとしたところ、棒などで殴られたという。

 留学生は同紙に対し国旗を奪い返そうとしたことについて「決して後悔しない。中国人であれば必ず(同じことを)するはずだ」と述べた。(共同)

usfl.com


 この母親の言ってることなのかどうか知りませんが、似たような様子がネットに上がっています。

参考動画

 こちらの動画だと、先に手を出しているのは中国人です。
 なんにしても、ニュースでは「無事に終わりました」と言われた長野聖火リレーはとても平穏とはいえない様子だったのは確かなようです。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
振り返られる長野聖火リレー
聖火リレー、オーストラリアの様子
チベット寺院が破壊される映像流出
聖火リレー、中国自作自演の実態
聖火リレーで中国が自作自演
聖火を守る中国の特殊部隊
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「チベットは独立を求めていない」 (2009-03-15 23:55)
 台湾でチベット人デモ (2009-03-14 23:47)
 尖閣諸島に他国の団体が侵入を宣言 (2009-03-13 23:54)
 北朝鮮が衛星発射を予告 (2009-03-13 00:35)
 ダライ・ラマ14世、政治権限を首相に (2009-03-11 23:59)
 北朝鮮、衛星を打ち落としたら戦争すると警告 (2009-03-10 23:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。