2008年02月07日

毒ギョウザ、詳しい捜査は旧正月明けに

 天洋食品の食中毒事件で、中国政府は事件性を見ましたが、肝心の捜査は正月明けにしたそうです。


中国製ギョーザ中毒事件で、中国政府は「加工から輸出までの過程で異物が混入した可能性は低い」(国家品質監督検査検疫総局)として、何者かが薬物を故意に混入した事件性に焦点を移している。公安当局は河北省石家荘市の製造元「天洋食品」から従業員の人事管理簿など多くの資料を押収しており、七日から始まった春節(旧正月)明けにも捜査が本格化するとみられる。 

 公安当局は押収した人事管理簿などから混入の疑いがある日時に出勤した従業員を重点的に捜査を進めるとみられる。ただ、中国側は中毒の原因とされる有機リン系殺虫剤「メタミドホス」は工場内に持ち込むことは難しいことから、日本での流通過程で混入した可能性もあるとみている

 一方、訪中している日本政府調査団は六日夜、中国当局がメタミドホスが検出された昨年十月一日と同二十日製造の冷凍ギョーザを輸送した運転手から事情聴取をしたことを明らかにした。

 聴取記録は「外交ルートを通して日本側に提供する用意もある」(調査団)といい、日中の捜査協力がどこまで進むかも原因究明のカギとなりそうだ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008020702085867.html
東京新聞



 なんといいますか、正月休みなので捜査が滞るとかこの問題に対する中国の姿勢はどうなのだろうか、と哲学さんは思うのですけれど。
 しかし、未開封のパッケージから毒入りが次々と見つかっているのでもう、いい加減日本で混入された可能性は限りなく少ないと言えるでしょう。

新たにギョーザ2袋から殺虫剤、1つは密閉状態
 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、兵庫県警は7日、大阪府枚方市のスーパーから回収された「中華deごちそう ひとくち餃子(ギョーザ)」2袋から、新たに有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出されたと発表した
Click here to find out more!

 このうち1袋は包装袋の外側と内側から検出された。穴や傷がない未開封袋の内側から検出されたのは初めて。メタミドホス検出は全国で11袋になった。県警は中国の製造工程で混入・付着した可能性が高いとの見方を強めている。

 県警によると、もう1袋は外側だけから検出され、袋の左下に直径約0・2ミリの穴が1か所開いていた。この2袋のトレーやギョーザからメタミドホスは検出されず、福島県で検出された殺虫剤「ジクロルボス」の検出もなかった。

 2袋は、兵庫県高砂市の一家3人が食べたものと同じ10月1日の製造。輸入仲介商社「双日食料」(東京都港区)が1月8日、ジェイティフーズを通じて枚方市内のスーパーから回収し、民間検査機関に鑑定を依頼していた。検査機関ではメタミドホスとは特定されていなかった。同じスーパーから回収され、双日食料が県警に提出した6袋の外側からもメタミドホスが検出されており、うち1袋についてはギョーザ自体からも検出されていた

 一方、千葉県警も7日、千葉市稲毛区の主婦(36)と二女(3)が食べて中毒症状を起こした「CO・OP手作り餃子」(昨年10月20日製造)の包装袋の内側からメタミドホスを検出したと発表した。母娘の吐しゃ物や未調理分のギョーザからは、すでにメタミドホスが検出されていた。
(2008年2月7日22時09分 読売新聞)



 個人的には、天洋食品の管理体制は今まで見ている限り、杜撰としか思えないので事故の可能性もまだ高いのではないでしょうか。事故ならば管理体制の問題ですが、事件ならば犯人にまだ責任を押しつけられるので中国政府は適当に犯人をでっち上げて責任をそちらに押しつけたりしかねない――そんな気がします。
 というか、天洋食品の壁に貼ってあったマニュアルが日本語だった(報道ステーションより)ので工場の管理体制はどう考えてもでっち上げな気がしてなりません。
 このままギョウザ問題はやはり真相が解き明かされないまま終わりそうな気がします。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
不思議なアクセス
今日のおやつ
原付の……
今日のおやつ
ブログのデザインを改造してみました
同じカテゴリー(日記)の記事
 またアクセスが上がっている。 (2008-05-17 23:56)
 不思議なアクセス (2008-05-07 21:22)
 今日のおやつ (2008-04-01 21:32)
 原付の…… (2008-03-27 22:30)
 大したことではないのだけれど (2008-03-22 22:03)
 関係ない話 (2008-03-19 19:29)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。